Rakuten infoseek

辞書

電子回折【でんしかいせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電子回折
でんしかいせつ
electron diffraction
数万Vの電圧で加速された電子線ド・ブロイ波波長は約 0.1Åなので,X線と同じように回折像が得られる。 1927年に C.J.デービソン,L.H.ジャーマー,および G.P.トムソン,28年に菊池正士によって実験的に確かめられ,電子の波動性の理論を検証した。電子線は物質原子による散乱が強くて透過度が小さいので,薄い膜,結晶表面,気体分子の構造などの研究に適している。通常の電子顕微鏡は電子回折装置としても使用できる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんしかいせつ【電子回折】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

電子回折
デンシカイセツ
electron diffraction

電子線回折ともいう.電子線を物質に入射させると,構成原子の核と電子雲とによるポテンシャルによって散乱を起こし,この散乱波が干渉して回折現象を示す.これを電子(線)回折という.電子線と物質は,X線の場合に比べて散乱,吸収などの相互作用が大きいので,電子回折はとくに気体分子の構造解析(H. MarkおよびR. Wierl,1930年~),薄膜,固体表面などの研究に利用される.最近では結晶構造解析も行われている.普通に利用される電子線(50~200 keV)では,主として原子核によって散乱され,核外電子は核を部分的にしゃへいしていることになる.一方,低エネルギーの電子線(数十~数百 eV)による回折(LEED(リード)といわれる)は,最初C.J. DavissonとL.H. Germer(1927年)が電子の波動性を証明した実験以後ほとんど利用されなかったが,最近,固体表面への気体の吸着現象,表面不純物の同定の研究などに応用されている.単結晶による電子回折において,結晶内で一度非弾性散乱された電子がさらに同じ結晶内で弾性散乱をうけたとき,干渉効果のため菊池像または菊池線といわれる回折像が生じることがある.1928年,菊池正士の発見した現象である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんし‐かいせつ〔‐クワイセツ〕【電子回折】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子回折」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電子回折の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.