Rakuten infoseek

辞書

電子メール【でんしめーる】

パソコンで困ったときに開く本

電子メール
パソコンや携帯電話などで書いた手紙を、相手が自分の機器で読めるようにネットワーク経由で送る仕組みです。「Eメール」ともいいます。
⇨Eメール、メールアドレス、メールサーバー

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

でんし‐メール【電子メール】
electronic mail》コンピューターネットワークを通じて行う、メッセージ通信。文字以外にも画像や音声、プログラムなどのデータの送受信ができる。送られたデータはサーバー内に蓄積され、受け手は随時アクセスして読みとる。送り先にあたる「住所」には、利用者を識別するために特定の文字列で表すメールアドレスが使われる。以前は、パソコン通信や企業内ネットワークで利用されていたが、インターネットの普及に伴い一気に利用者数が増加した。携帯電話のメールも電子メールに含まれる。Eメール。メール。エレクトロニックメール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集

電子メール
電子メールとはコンピュータによって作成した文書その他のデータをインターネットを介して特定の相手に送るシステムのことをいう。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

でんしメール【電子メール】
コンピューターネットワークを通じてメッセージを送受信するシステム。文字のほか、画像、音声、プログラムなどのデータのやり取りも可能。あて先を特定するための「住所」にメールアドレスを使う。◇略して「メール」ともいう。また、「eメール」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんしめーる【電子メール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんしメール【電子メール】
コンピューター-ネットワークを使って、文字情報やデータを通信すること。送信された情報は、受信者がネットワークにアクセスすればいつでも受け取ることができる。 E メール。メール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電子メール
でんしメール
electronic mail
インターネットなどコンピュータネットワークを通じてユーザー間でメッセージを交換するシステム,あるいはそのメッセージ。e-mailと略記することが多い。コンピュータ間でメッセージを交換するシステムは 1960年代から存在したが,各ユーザーを abc@def.comなどという個人名とドメイン名を組み合わせたアドレスで指定する仕組みは,ARPANETの電子メールシステムを開発したレイ・トムリンソンが 1971~72年に考案したとされる。インターネットの電子メールでは,送信に SMTPと呼ばれるプロトコルを使い,メールはコンピュータからメールサーバに送られ,そこからリレー式に宛先に到着するまで転送される。受信には POPと呼ばれるプロトコルを使い,メールはユーザーの受信要求に応じて電子メールが蓄積されているメールサーバからコンピュータへ取り込まれ,メールソフトで読まれる。受信用プロトコルには,メールをすべてメールサーバ側で管理する IMAPも使われる。電子メールは文字だけでなく,画像,音声,動画なども扱えるようになっており,そのための MIMEという形式がある。これらの規格はインターネットに関する技術の標準を定める団体である IETFの発行する RFC文書で規定されている。電子メールは公私ともに利用されるようになったが,一方で過剰な広告などのスパムメールやウイルスメールなど,問題を起こすものも少なくない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

電子メール
でんしめーる
electronic maile-mail
インターネットを使って、手紙(メッセージ)をやりとりするための仕組み。インターネットがこれほど普及する以前には企業や大学などの閉じた組織のなかでの情報交換の仕組みとして使われてきたが、インターネットの普及とともに、インターネットに接続している組織どうしであればだれとでも、また異なったインターネット・サービスプロバイダーであっても、そしてパーソナルコンピュータ(パソコン)ではなく携帯電話であっても自由にメッセージをやりとりできるようになった。むしろ、電子メールを使いたい人が多かったことからインターネットがここまで普及したといっても過言ではない。
 電子メールでは郵便でいうところの住所や宛名(あてな)のかわりに電子メールアドレス単にメールアドレス、略してメアドなどともよばれる)を使う。電子メールアドレスは「<個人名>@<組織名(ドメイン名)>」という形式になっており、多くの日本の企業の場合、「taro@domainname.co.jp」などというような形になる。
 電子メールが利用される背景には、時間的な制約、地理的な制約が撤廃される、つまり、相手の居場所にかかわらず、送信と同時に送付されることや、受け手が不在であっても、あとからメッセージを読むことができるなど、そのメリットが現代人の多様な生活のリズムやパターンに合致していることがある。インターネットの基本的なアプリケーションとして今後も使用され続け、電子メールアドレスをもっていない人はいなくなる、というのもあながち誇大な表現ではないだろう。
 一方で電子メールを使ったダイレクトメールなど、受取人が望まないメールの増加が著しい。メールソフトのいくつかではそうした「迷惑メール」を自動的に廃棄するなどの機能が盛り込まれるようになってきている。[中島由弘]
『ケビン・ジョンソン著、小川彩子訳、宇夫陽次朗監訳『電子メールプロトコル詳説』(2000・ピアソン・エデュケーション) ▽東弘子著『やさしいパソコン講座4 インターネット・電子メール入門』(2003・毎日コミュニケーションズ) ▽榊正憲著『電子メールシステムとsendmail』(2003・アスキー) ▽山田祥平他著『できるインターネット&電子メール入門はじめてでもわかる本』(2004・インプレス)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子メール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電子メールの関連情報

他サービスで検索

「電子メール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.