Rakuten infoseek

辞書

雷太郎強悪物語【いかずちたろうごうあくものがたり】

デジタル大辞泉

いかずちたろうごうあくものがたり〔いかづちタラウガウアクものがたり〕【雷太郎強悪物語】
黄表紙。式亭三馬作、歌川豊国画。文化3年(1806)刊。殺人強盗などの悪事を重ねる雷太郎を、被害者の家族らが浅草観音の導きで討ち取る敵討物。前後編各5冊だが、合巻仕立てとしたものもあり、以後の合巻形式流行のきっかけとなった点で、日本の製本史上も重要な作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いかずちたろうごうあくものがたり【雷太郎強悪物語】
合巻。10冊。式亭三馬作,歌川豊国画。1806年(文化3)刊。〈浅草観音・利益仇討〉と角書(つのがき)がある。武蔵国調布の無頼の徒来太郎(らいたろう)は,雷獣をとりおさえて雷太郎と呼ばれ,仲間の獄卒無理太郎らと殺人強盗などの凶悪を働くが,彼に殺された万屋文右衛門の子息や娘婿,手代らが,浅草観音の利生によって敵討をとげるという筋。実録の《天明水滸伝》によった作で,陰惨残虐な叙述や画面が多く,末期黄表紙,初期合巻特色をよく表している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

雷太郎強悪物語
いかずちたろうごうあくものがたり
式亭三馬(しきていさんば)作の黄表紙(きびょうし)。前後編各5冊。合巻(ごうかん)仕立てで前後編各1冊にしたものもある。初世歌川豊国(とよくに)画。1806年(文化3)刊。「浅草観音/利益仇討(りやくのあだうち)」と角書(つのがき)。悪漢来太郎(らいたろう)は武蔵(むさし)国調布の商家万屋文右衛門(よろずやぶんえもん)の娘お鶴(つる)を手籠(てご)めにし、結婚を承知しない文右衛門を殺した。そのため、葛飾(かつしか)の高(こう)の大之丞(だいのじょう)に嫁していたお鶴は自殺する。来太郎は仲間と悪事を続けていたが、あるとき雷獣を退治して雷太郎(いかずちたろう)と名のる。お鶴の弟亀次郎、大之丞らは、浅草観音の霊夢に導かれ、相模(さがみ)大磯(おおいそ)に潜んでいた雷太郎を討った、という内容である。軽妙、洒落(しゃれ)を生命とする黄表紙の伝統を守っていた三馬が、流行の敵討物(かたきうちもの)に転じたという点と、この作品が黄表紙の合巻化という、製本上の改革に大きい役割を果たしたという点で、文学史上注目されている。[神保五彌]
『本田康雄著『式亭三馬の文芸』(1973・笠間書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷太郎強悪物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雷太郎強悪物語の関連情報

関連キーワード

ベートーベンナポリ王国フランツ大陸封鎖フランツ[2世]ビュルゲルファビウスアーデルングアルントシャー・アーラム2世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.