Rakuten infoseek

辞書

雲珠【うず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雲珠
うず
馬具の一種。日本で上古時代の飾り馬平安時代以後の唐鞍 (からくら) の革尻繋 (しりがい。→三繋 ) の辻の上に飾った辻金具。上古時代のものには玉 (珠) 形あるいは鈴形など金銅製のもののほか,鉄地金銅張りのものもある。名称は「うず高い金物」の意味でつけられた。平安時代には水精宝珠に火炎形台をつけた形式に決ったようである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

う‐ず【珠】
唐鞍(からくら)とよぶ馬具の飾りで、金銅の火炎形の内に宝珠を納め、その台座を尻繋(しりがい)につけたもの。うんじゅ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

雲珠
 馬につけるかざり金具の一種で、鞍[くら]をつなぐ皮帯の交差する部分につけます。辻金具[つじかなぐ]の一部ですが、その中でも大型のものです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うず【雲珠】
馬具の一部の名称。面繫(おもがい)などがそれぞれ交差する辻の上につけた如意宝珠ようの金具を,唐鞍(からくら)の制で雲珠とよんだことに由来する。金具がうず高くつくられていることから,このような名称が生まれたものといわれる。したがって辻金具や三繫(さんがい)につけられたうず高い飾金具も雲珠とよばれるわけであるが,最近では機能的に区別し,尻繫(しりがい)の中央部におき5個以上脚をもつ金具に限定して使用することが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うず【雲珠】
唐鞍からくらの鞦しりがいにつける宝珠の形をした飾り。 → 唐鞍

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐ず【雲珠】
〘名〙 飾り馬の尻に据える唐鞍(からくら)の部分品。宝珠の周辺に火炎形を配し、雲形の台にのせた馬具の一種。うず高く盛り上がった形状による名称。古墳時代のものは、馬の尻繋(しりがい)のものが大きく、数本の脚が四周につけられ、それに杏葉(ぎょうよう)を装着するものもある。鉄地金銅張りのものが多い。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲珠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雲珠の関連情報

他サービスで検索

「雲珠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.