Rakuten infoseek

辞書

雲放電【くもほうでん】

世界大百科事典 第2版

くもほうでん【雲放電】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

くも‐ほうでん〔‐ハウデン〕【雲放電】
雷雲の内部、または雷雲と外部の大気との間で起こる放電。→対地放電

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雲放電
くもほうでん
intra-cloud discharge
雷雲の中でおこる放電。雲内(うんない)放電ともいう。雷雲の中では絶えず電荷の分離が行われていて、この結果、雲の一部に正電荷が蓄積し、他の一部に負電荷が蓄積する。この蓄積量が限度を超えると、両者の間に放電がおこり、正負の電荷が雲の中で中和する。これが雲放電である。これに対して、雲と大地との間におこる放電は落雷ということばで区別される。雲放電のおこる頻度は落雷のそれより一般に高い。[三崎方郎]
『北川信一郎著『雷と雷雲の科学――雷から身を守るには』(2001・森北出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲放電」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雲放電の関連情報

他サービスで検索

「雲放電」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.