Rakuten infoseek

辞書

雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火【うんぜんだけふんか】

大辞林 第三版

うんぜんだけふんか【雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火】
雲仙岳の噴火活動。有史時代のものは、1657年、1791年、1792年、1991年などがある。1792年(寛政4)の噴火では、東端の眉山まゆやまが崩壊し、土石流の海中流入で大津波が発生、有明海沿岸全域に被害が及び、死者一五〇〇〇人に達した。この噴火によって海岸線が後退、九十九つくも島を生じた。1991年(平成3)の噴火では、火砕流が発生した。 → 島原大変肥後迷惑たいへんひごめいわく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火の関連情報

他サービスで検索

「雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.