Rakuten infoseek

辞書

雨雲【あまぐも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雨雲
あまぐも
rain cloud
を降らせるの俗称。1951年に世界気象機関 WMOが発足する以前の古い雲の分類法では,雨を降らせる雲はすべてニンバス nimbusと呼んだが,現在国際的に用いられている雲の分類法にはこの術語はない(→雲形)。俗に雨雲といわれている雲は,乱層雲のことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あま‐ぐも【雨雲】
雨や雪を降らせる雲。また、俗に乱層雲のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あまぐも【雨雲】
雨を降らせる雲。乱層雲のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雨雲
あまぐも
「あめぐも」ともいう。乱層雲の俗称である場合と、単に雨を降らせる雲をさす場合とがある。後者の場合、乱層雲(記号Ns)と積乱雲(記号Cb)の2種類がある。温帯低気圧の前線付近には、厚い層状の乱層雲が発生する。地上から見ると、太陽光線を遮り、黒ずんで見える。雲底は低く、雨が降っている部分は雲底がぼやけている。上部は対流圏中層に達し、高層雲層積雲と区別がつかない。上空から見ると、乱層雲の一部に積乱雲が発達していることが多い。地上気温が低く、雪が降る場合は雪雲(ゆきぐも)とよばれる。[木村龍治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あま‐ぐも【雨雲】
〘名〙 乱層雲のこと。黒く厚い雲で、空の低い所にあり、雨や雪を降らせることが多い。
※枕(10C終)二五五「雲は、白き。むらさき。黒きもをかし。風吹くをりのあま雲」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雨雲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雨雲の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑マキノ雅広木下恵介久松静児ANZUS条約稲垣浩電気事業成瀬巳喜男

他サービスで検索

「雨雲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.