Rakuten infoseek

辞書

離巣性【リソウセイ】

デジタル大辞泉

りそう‐せい〔リサウ‐〕【離巣性】
鳥のひな孵化(ふか)直後を離れ、自立して生活する性質地上営巣するカモ・チドリキジなどにみられる。⇔留巣性

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りそうせい【離巣性】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りそうせい【離巣性】
ひなが孵化後比較的早く巣離れする性質。外敵の危険にさらされやすい営巣をする鳥類にみられる。ガンカモ類など。 ⇔ 留巣性

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

離巣性
りそうせい
nidifugous
が孵化してすぐ,あるいは数日以内に巣を離れる性質。キジ類やカモ類,チドリ類,カイツブリなど地上性の水鳥の雛は,孵化時にスズメなどの小鳥類よりかなり発達した状態になっており,目が開き,体が羽毛で覆われ,歩き回ることができる。孵化するとすぐに巣を離れ,親鳥について歩くものが多い。これに対して小鳥などの雛は孵化時には目が閉じ,体に羽毛がなく,動き回ることができず,飛べるようになるまで巣にとどまって育てられる(→留巣性)。離巣性の雛の巣立ち後の状態は,生息場所や繁殖の仕方により異なる。ツカツクリ類の雛は孵化時には飛んで逃げられるほど体が発達しており,親鳥の世話を受けずに独立し,食べ物も独力でとる。ズグロガモ Heteronetta atricapilla托卵性で,仮親に抱卵されて孵化した雛はすぐに独立できる。採食についても違いがあり,カモ類やチドリ類などの雛は自分で食べ物をとるが,カイツブリやクイナ類,ツル類などの雛は,巣を離れたあとも親鳥のとった食べ物を与えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

離巣性
りそうせい
鳥類の雛(ひな)が孵化(ふか)直後、あるいは孵化後の比較的早い時期に、自力で巣を離れる性質をいう。カモ類、シギ類やチドリ類、キジ類など地上営巣性の種でこの性質が発達している。これらの種の雛は孵化時にすでに開眼しており、身体は綿毛に覆われ、まもなく立ち上がって歩いたり、走ったりすることができる。しかし、すぐには自力で餌(えさ)をとれないので腹腔(ふくこう)内に卵黄を蓄えている。また、なるべく短時間で全卵が孵化を済ませるために、孵化が近づいた雛たちは、卵の殻を通して互いに音声で連絡をとり合いながら、孵化を同調させるという事実も知られている。これらの性質が進化してきた背景には、地上に営巣することに対する捕食の危険性が考えられる。カモメ類は地上営巣性で雛の諸形質も離巣性のものに近いが、捕食者が近づきにくい離れた小島や断崖(だんがい)などに営巣するため、雛は長い間巣にとどまり、親の給餌(きゅうじ)を受けている。[山岸 哲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離巣性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

離巣性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.