Rakuten infoseek

辞書

雑端汁【ざっぱじる】

日本の郷土料理がわかる辞典

ざっぱじる【雑端汁】

じゃっぱ汁。⇒じゃっぱじる

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃっぱじる【雑端汁】

青森県津軽地方や秋田県郷土料理鍋料理一種。じゃっぱは残り物の意で、のあらのこと。魚の頭、中骨白子などをぶつ切りにして、大根・ねぎなどの野菜とともにみそ味で煮る。魚はたらや鮭を用いることが多い。◇「ざっぱじる」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑端汁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑端汁の関連情報

他サービスで検索

「雑端汁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.