Rakuten infoseek

辞書

雑損控除【ざっそんこうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雑損控除
ざっそんこうじょ
所得税法で所得を計算するときに控除する所得控除の一つ。納税義務者またはその者と生計を一にする配偶者その他の親族の有する資産について,災害または盗難もしくは横領による損失を受けた場合,損失の合計額が,5万円以内の場合と5万円をこえる場合とに分けて納税義務者のその年分の所得金額から控除できる規定がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざっそん‐こうじょ〔‐コウヂヨ〕【雑損控除】
災害・盗難・横領によって資産に損害が生じた場合などに適用される所得控除。→雑損失

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

雑損控除
雑損控除とは、災害、盗難、横領によって、自分の資産に損害を受けた場合に受けることが出来る所得控除のことです。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

大辞林 第三版

ざっそんこうじょ【雑損控除】
所得控除の一。生活に通常必要な資産の災害・盗難などに係る損失金・支出金を控除すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざっそん‐こうじょ ‥コウヂョ【雑損控除】
〘名〙 所得税の納税義務者が災害や盗難などによって資産に損害をうけた場合の控除。損失額が総所得金額の一割を越えたとき、その越えた額が総所得金額から差し引かれる。〔所得税法(1947)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑損控除」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑損控除の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.