Rakuten infoseek

辞書

雑徭【ざつよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雑徭
ざつよう
za-yao; tsa-yao
中国における力役一種北魏以来現れ,規定以外の力役,雑多な労役もしくは年齢によって全役の半分がされ,この半課,半役を雑徭といった。代,均田制が行われて,調役とともに雑徭は4賦役の一つとなった。すなわち,労働奉仕の中央的なものを「正役」というのに対し,地方の土木工事など臨時的な県の労働奉仕を雑徭といった。雑徭は唐制ではおよそ 50日であった。日本では「ぞうよう」と呼び,律令制時代に行われ,60日以内成年男子に課せられた無償労働。唐と同じく地方で,道路,堤防官舎の建設などにあたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑徭
ぞうよう
古代の律令制下の課役の一種で,労役。賦役によれば毎年 60日を限度とし,国司の必要に応じて課せられた。地方の水利工事,道路の修造官衙寺院造営がおもなもので,さらには国司が私用にあてることも行われた。食糧は原則として支給されず,農民はそれらの負担に苦しんだ。使役日数は天平宝字1 (757) 年 30日に半減されたが,のちまた 60日に復し,さらに延暦 14 (795) 年にまた 30日と改められた。その後,京畿公民は 10日とする特例や一律に 20日と改められるなどの変遷をみた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぞう‐よう〔ザフエウ〕【雑×徭】
律令制で、令で定められた歳役のほかに、国司によって公民に課せられた労役。正丁は1年に60日、次丁は30日、中男は15日を限度とし、土木工事などに従った。ざつよう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざつ‐よう〔‐エウ〕【雑×徭】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

雑徭
 律令[りつりょう]時代の労働奉仕で、税の一種です。一般の人々は1年に一定の日数だけ、地方や都で労働をしなければいけませんでした。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざつよう【雑徭 zá yáo】
中国中世に行われた徭役の一種で,唐前期には法制的に課(租調役)の外に設けられ,地方の州県が徴発に当たり,丁男・中男を対象とする多目的の臨時的使役であった。毎年県令が差科簿(役務発台帳)を按じて必要人数を徴し,官衙,道路,城壁,堤防等の建築修理や,官物の輸送・保管,あるいは城市の警備など比較的単純労働に充てられ,該当者は夫と称し,その労働は制度的に正役の1/2に評価された。年間40日(一説50日)を限度とし,それを大幅に超えると一定の方式租庸調が免除される規定があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぞうよう【雑徭】
古代の律令制において,成年男子に課せられた強制労働の一種。年間60日以内,国郡司によって地方の雑役に徴発された。雑徭は中国の律令制の継受ともない,飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりよう)で制度化されたが,クサグサノミユキ古訓があり,律令制以前からのミユキの系譜をひく労役であった。ミユキは天皇またはそのミコトモチ(国宰など)が地方に巡行してきたときの奉仕役にその起源があると推定され,地方豪族が地域社会で独自に徴発してきた労役とは別系列の,朝廷のための労役であったと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぞうよう【雑徭】
律令制で、公民に課せられた労役。正丁せいていは年60日、次丁は30日、少丁は15日を限度とし、国司の指揮で土木工事などの公役に従事するもの。のち軽減された。ざつよう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざつ‐よう ‥エウ【雑徭】
〘名〙
① いろいろの賦役。〔旧唐書‐楊炎伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう‐よう ザフエウ【雑徭】
〘名〙
① 令制の税の一つ。正(成年男子)に課せられた労役奉仕。年間六〇日を限度とし、次丁は半分、中男は四分の一。のち軽減された。国司の指揮の下に土木工事などに従事したが、国郡司の私役に悪用されることもあった。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

雑徭
ざつよう
唐代の律令制度での徭役の1つ。「ぞうよう」ともいう
庸が中央政府の事業にあてられるのに対し,雑徭は地方的な土木工事などへの労役提供をいう。丁男(だいたい21〜59歳)は年40日,の負担のない18歳以上の中男(だいたい16〜20歳)は50日以内で,給田のない16・17歳の中男にも課せられた。両税法施行廃止

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑徭
ぞうよう

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

雑徭
ぞうよう
律令制において,国司に使役された公民の労役
正丁は1年に60日,次丁は30日,少丁は15日を限度に,諸国の土木工事や雑事に従事した。国司はこれを私用に使ったりして私腹肥やし,公民の重い負担となった。757年30日に減ぜられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雑徭
ぞうよう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑徭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑徭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.