Rakuten infoseek

辞書

雑居【ザッキョ】

デジタル大辞泉

ざっ‐きょ【雑居】
[名](スル)
種々のものが1か所に入りまじって存在すること。「この国には東洋と西洋が雑居している」
一つの家に多くの家族が居住すること。「この家には三世帯が雑居している」
一つの部屋に何人もが居住すること。「アパートの一室で雑居生活を送る」
同一地域にいろいろな人種が入り交じって居住すること。「周辺諸国からの流入者が雑居する一帯」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざっきょ【雑居】
スル
一つの建物に何家族もの人が住むこと。また、一つの建物に種々の店が出店している場合にもいう。 -家族 僧の蓄髪し妻子を長育し四民と-すること/新聞雑誌 60
一つの地域にいろいろな人種が入り交じって住んでいること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざっ‐きょ【雑居】
〘名〙
① ちがうものがいりまじっていること。別のものがまじること。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉四「農具と工具との如きは陸続交錯して一室に雑居す」 〔易経‐繋辞下〕
② 種々の人や動物が一つの場所にいること。また、まじり合って住むこと。一つの家の内に何家族もが住むこと。ざっこ。
※太平記(14C後)二七「見物の者と云は、洛中の地下人、商売の輩共也。其に日本一州を治め給ふ貴人達交り雑居(ザッキョ)し給へは」
③ 異人種どうし、また、国内外の人どうしが入りまじって生活すること。
※蘭東事始(1815)上「已前は平戸・長崎の地に彼人々雑居し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざっ‐こ【雑居】
〘名〙 (「こ」は「居」の呉音) いろいろの人がまざり合って住むこと。ざっきょ。
正法眼蔵随聞記(1235‐38)四「はじめ興るも、或は教院律院等に雑居せし時も」 〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑居」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑居の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.