Rakuten infoseek

辞書

雌雄異株【しゆういしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雌雄異株
しゆういしゅ
dioecism
二家花ともいう。単性花をつける種子植物のうち,雌花雄花とが別の株 (個体) に生じること。イチョウイチイアオキなどがその例。コケシダ植物でも,雌雄生殖器官を別個の原糸体,前葉体上に生じるものに,この語を用いる。また,ポプラキヌヤナギのように外国から日本に渡来した植物のなかには,雄株だけしか知られていないものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゆう‐いしゅ【雌雄異株】
単性花をつける植物で、雌花と雄花を別々の個体につけること。また、その植物。イチョウ・ソテツアサなど。雌雄別株

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゆういしゅ【雌雄異株 dioecism】
植物が雌花と雄花を別の個体にもつ場合をいう。種子植物の花は一般におしべめしべをもち,両方の性を兼ねそなえた両性花hermaphrodite flowerであるのに対して,アカマツ,イチョウ,カボチャなどは単性花unisexual flowerであって雄花と雌花の区別をもつ。単性花は,同じ個体に両方のタイプの花をもつ雌雄同株(アカマツ,カボチャなど)と,雌花と雄花がそれぞれ別の個体についている雌雄異株(イチョウ,ソテツなど)とに区別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゆういしゅ【雌雄異株】
植物の種で、雌花をつける株と雄花をつける株の区別があること。イチョウ・ソテツ・アサなど。雌雄別株。二家。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雌雄異株
しゆういしゅ
雌雄同株に対する語で、単性花をつける植物のうち、雄花と雌花とが別の個体に生ずる植物のこと。雌雄別種、雌雄異体二家(にかか)ともいい、雌花をつける植物体を雌株、雄花をつける植物体を雄株とよぶ。雌雄異株は木に多く、イチイ、イチョウ、アオキ、モクセイ、クワ、ヤナギなどが含まれる。草では、アサ、イタドリ、カナムグラ、ホウレンソウなどがある。雌株と雄株では染色体構成の異なるものもある。[吉田精一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゆう‐いしゅ【雌雄異株】
〘名〙 植物で、雌花と雄花を別々の個体につけること。また、その植物。花は単性花で、雌花だけをつける株を雌株、雄花だけをつける株を雄株という。イチョウ、ソテツ、アサ、クワ、ホウレンソウなど。雌雄別株。二家。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雌雄異株」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雌雄異株の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.