Rakuten infoseek

辞書

雌・牝【めす】

大辞林 第三版

めす【雌・牝】
動物で、卵巣を有し子や卵を産む個体。符号に♀を使う。 ⇔
植物で、雌花のみをつける株。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん【雌・牝】
めす。め。 ⇔ おん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めす【雌・牝】
〘名〙
① 一般に卵巣をもち、卵をつくる動物をいう。植物などでは大配偶子をつくるものや、形質を多くもつ個体をいう。め。めん。⇔雄(おす)。〔和英語林集成初版)(1867)〕
(1911‐13)〈森鴎外〉一七「それで雌(メス)(をす)が分かるかと云へば」
性をののしっていう語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん【雌・牝】
〘名〙 め。めす。⇔おん(雄)
※咄本・新板一口ばなし(1839)一六「おんとめんとほたへてゐる中のよいのが、ちんちんぢゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雌・牝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雌・牝の関連情報

他サービスで検索

「雌・牝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.