Rakuten infoseek

辞書

雇用保険制度【こようほけんせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雇用保険制度
こようほけんせいど
1947年に制定された失業保険制度に代えて,74年に制定された政府管掌の保険制度。労働者が失業した場合,国家がこの保険制度に基づいて失業給付を行なうことができる。この求職者失業給付の中心は,基本手当技能習得手当寄宿手当傷病手当などが含まれる。雇用保険法により雇用安定事業,雇用改善事業,能力開発事業,雇用福祉事業の4つの事業が展開されている。これらの事業の費用は,国および雇用者が負担する。失業中の生活を安定化させることにより,労働者の意思に適した雇用機会を得られる効果がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇用保険制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雇用保険制度の関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人カシミールジュネイーグルス2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.