Rakuten infoseek

辞書

集散花序【しゅうさんかじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

集散花序
しゅうさんかじょ
cyme
仮軸分枝による花のつき方。すなわち,軸の先端生長点が一度止って花がつき,あらためてそのすぐ下から枝が出て伸長して花をつけ,さらにその下から分枝生長するような形となる有限花序の一つ。この場合ガマズミにみられるように分枝が比較的密集して出れば,多散花序となり,ミズキなどのように密集の度が一層激しくて花序全体が多肉化すれば団散花序となる。さらにその程度が進んで花序の軸が変形し花を包んでしまうようになるとイチジクにみられる隠頭花序となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅうさん‐かじょ〔シフサンクワジヨ〕【集散花序】
有限花序のうち、花軸の先端に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの。狭義には岐散花序をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうさんかじょ【集散花序】
有限花序の一。第一花は主軸の先端につき、その下から出る側枝に次の花をつけることを繰り返す。側枝の数によって岐散花序(ナデシコ)・巻散花序(ムラサキ)などに分ける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅうさん‐かじょ シフサンクヮジョ【集散花序・聚シュウ繖花序】
〘名〙 花軸が分岐して複数の花を着ける有限花序。花は一番最後に出た枝から咲きはじめていく。そのため、先端の花から順次下方に咲いていくか、円錐状の場合では中心から周縁に向かって順次開花する。アジサイの花序など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集散花序」の用語解説はコトバンクが提供しています。

集散花序の関連情報

他サービスで検索

「集散花序」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.