Rakuten infoseek

辞書

雄阿寒岳【おあかんだけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雄阿寒岳
おあかんだけ
北海道東部,釧路市阿寒湖東方にある阿寒火山群の活火山。標高 1370m。アイヌ語でピンネシリ(雄山の意)と呼ばれる。千島火山帯に属する。阿寒カルデラ形成後,その北東部に噴出した中央火口丘で,比較的急傾斜の円錐コニーデ)形火山(→成層火山)。新第三紀層を基底とした安山岩が多い。南西雌阿寒岳と相対し,北東麓にパンケ湖ペンケ湖湖沼山頂には直径約 300mの火口跡がある。付近はイワウメガンコウラン,エゾイソシロツツジなどの群落があり,標高 1200mまではハイマツ帯,それ以下はエゾマツトドマツ針葉樹を主とした原生林に覆われる。山頂からの阿寒湖,パンケ湖,ペンケ湖,雌阿寒岳の眺望は雄大である。1934年阿寒国立公園に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おあかん‐だけ〔をアカン‐〕【雄阿寒岳】
北海道東部にある円錐形の火山。阿寒カルデラに生じた中央火口丘の一。火口原阿寒湖・パンケトウ・ペンケトウなどの湖がある。標高1370メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おあかんだけ【雄阿寒岳】
北海道東部,釧路支庁管内阿寒町の北部にある火山。阿寒カルデラ内に,その中央火口丘として噴出したもので,標高1371mの円錐火山。山体の大部分は安山岩質の溶岩流累層からなり,頂部に数個の小火口と小溶岩丘があり,山腹にも火口丘が認められるが,いずれも活動の記録はなく,噴煙も出ていない。山頂部から四方に流下した溶岩流はそれぞれ厚さ100~200m程度のものが多く,末端部は急斜面をつくって止まり,舌状をなしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

雄阿寒岳
おあかんだけ
北海道東部、釧路(くしろ)総合振興局管内の北部にある円錐(えんすい)形の火山。標高1370メートル。山名はアイヌ語「ピンネシリ」(雄山)に由来する。阿寒カルデラの陥没後その内部に生まれた中央火口丘で、安山岩、火山砕屑(さいせつ)物が成層火山を形成する。山麓(さんろく)周辺のカルデラ内に阿寒湖、パンケトウ、ペンケトウなどの湖をたたえる。植生は標高500メートル以下がエゾマツ、トドマツ、シラカバ、ミズナラなどの混交樹林帯、500~1000メートルがエゾマツ、トドマツの針葉樹林帯、1000~1200メートルがダケカンバの広葉樹林帯、1200メートル以上がハイマツと高山植物帯をなしている。阿寒摩周(ましゅう)国立公園の景勝地で、阿寒湖畔や阿寒横断道路の双岳台(そうがくだい)から山容を望見できる。[古川史郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おあかん‐だけ をアカン‥【雄阿寒岳】
北海道東部、千島火山帯に属する円錐火山。阿寒カルデラの中央火口丘の一つで、阿寒国立公園の一部。標高一三七〇メートル。アイヌ語名ピンネシリ(雄山)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄阿寒岳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雄阿寒岳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.