Rakuten infoseek

辞書

雄略天皇【ゆうりゃくてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雄略天皇
ゆうりゃくてんのう
第21代に数えられる天皇。5世紀後半に在位したとされる。允恭天皇皇子。母はオサカノオオナカツヒメノミコト。名はオオハツセノワカタケノミコト。記紀によれば,同母兄の安康天皇を殺害した眉輪王(まゆわのおおきみ)を誅し,さらに履中天皇の皇子の市辺押磐皇子(いちのべのおしはのみこ)らをも殺して即位した。平群臣真鳥(へぐりのおみまとり)を大臣に,大伴連室屋と物部連目を大連とし,秦氏漢氏をはじめ渡来人をも重く用いて政権の強化に努め,強大な権力をもった専制的君主であったとみられる。『宋書』倭国伝などに記された倭王武は,雄略天皇であると考えられ,古代天皇の専制的,英雄的性格の頂点に立っている(→倭の五王)。しかし朝鮮では,雄略天皇の前後から高句麗新羅百済および任那を圧迫したので,天皇はしばしば兵を送ったが,朝鮮の支配はしだいに困難となった。またこの代にの国から漢織呉織(くれはとり)など機織りの技術者を迎え入れたと伝えられる。大和の泊瀬朝倉宮(はつせあさくらのみや)に都し,草香幡梭姫皇女(くさかのはたびひめのひめみこ。橘姫)を立てて皇后とした。皇后には子がなく,天皇の死後は葛城円(かつらぎのつぶら)大臣の娘,葛城韓媛(かつらぎのからひめ)の産んだ白髪皇子(清寧天皇)と,吉備氏の娘稚媛の産んだ星川皇子とが皇位を争った。墓は大阪府羽曳野市島泉の丹比高鷲原陵(たじひのたかわしのはらのみささぎ)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうりゃく‐てんのう〔‐テンワウ〕【雄略天皇】
記紀で、第21代天皇。允恭天皇の皇子とされる。名は大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ)。大和朝廷の勢力を拡大。478年、に使いを送った倭王武に比定する説がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

雄略天皇 ゆうりゃくてんのう
記・紀系譜による第21代天皇。在位は5世紀後半。
父は允恭(いんぎょう)天皇。母は忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめのみこと)。「日本書紀」によると,兄や従兄弟たちを殺して即位。都は泊瀬(はつせ)の朝倉宮。朝鮮半島の乱れに乗じ,百済(くだら)や新羅(しらぎ),高麗(こま)への影響力強化を画策したとつたえる。「宋書」倭国伝の倭王の武(ぶ)とされる。埼玉県稲荷山(いなりやま)古墳の鉄剣銘と熊本県江田船山古墳の鉄刀銘に「獲加多支鹵大王(わかたけるのおおきみ)」としるされている。雄略天皇23年8月7日死去。124歳(「古事記」)。墓所は丹比高鷲原陵(たじひのたかわしのはらのみささぎ)(大阪府羽曳野市)。別名は大泊瀬幼武天皇(おおはつせのわかたけるのすめらみこと)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ゆうりゃくてんのう【雄略天皇】
5世紀後半の天皇。允恭天皇の子,母は忍坂大中姫。諱(いみな)はワカタケル(幼武,若建),宮は大和泊瀬朝倉宮。陵は河内丹比高鷲原(たじひのたかわしのはら)陵と伝える。記紀によると,治世中,天皇権力に干渉していた葛城臣,吉備臣など〈臣姓豪族〉を没落させ,はじめて大臣(おおおみ)・大連(おおむらじ)制を定め,大伴連,物部連らを登用し,いわゆる〈連姓豪族〉によって朝廷の組織を確立する端緒をひらいた。また,葛城山で一言主(ひとことぬし)神と会い,狩りを競い,神が天皇を現人神として侍送したので,百姓らは天皇の徳をたたえたといい,河内の志幾大県主(しきのおおあがたぬし)が堅魚木(かつおぎ)を家に上げて天皇の殿舎に擬したので怒り,この家を焼いたとあるなど,天皇の権威の成立を示す説話がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうりゃくてんのう【雄略天皇】
記紀で、第二一代天皇大泊瀬幼武尊おおはつせわかたけのみことの漢風諡号しごう。允恭いんぎよう天皇第五皇子。「宋書」に見える倭王武に比定される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雄略天皇
ゆうりゃくてんのう
生没年不詳。5世紀後半の天皇で、記紀では第21代に数えられる。『日本書紀』には在位23年で崩ずと記す。大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ)(大長若建)天皇(命(みこと))ともいう。允恭(いんぎょう)天皇の皇子で、母は忍坂大中姫(おしさかおおなかつひめ)(大中津比売)。泊瀬朝倉宮に即位し、王権を強化する。諸氏族の反乱を鎮圧し、対外関係においても注目すべき伝えがある。『宋書(そうじょ)』にみえる倭王武(わおうぶ)は雄略天皇とする説があり、倭王武は478年に南朝宋へ遣使上表し、「使持節都督倭、新羅(しらぎ)、任那(みまな)、加羅、秦韓(しんかん)、慕韓六国諸事事安東大将軍倭王」に任命された。『南斉書(なんせいしょ)』には479年に倭王武が鎮東大将軍になったと記す。埼玉県行田(ぎょうだ)市の稲荷山(いなりやま)古墳出土の鉄剣銘文にみえる「護加多支(わかたける)大王」は雄略天皇とする説が多い。『梁書(りょうしょ)』や『南史』にみえる502年の倭王武は、『宋書』の倭王武とは別の王とする説もあり、502年の中国史書の記述は、実際の朝貢に基づいたのではなく、5世紀後半の倭王武の遣使朝貢を受けた記述とする見解が有力である。墓は丹比高鷲原(たじひのたかわしはら)陵(大阪府羽曳野(はびきの)市)とする。[上田正昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうりゃく‐てんのう ‥テンワウ【雄略天皇】
第二一代天皇。名は大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ)。允恭天皇の第五皇子。母は忍坂大中姫(おしさかおおなかつひめ)。泊瀬朝倉宮(はつせのあさくらのみや)に即位。王権を強化し、諸氏族の反乱を鎮圧し、対外関係にも注目すべき事跡があり、「宋書」にみえる倭王武に比定されている。また、埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣銘「獲加多支鹵大王」、熊本県江田船山古墳出土大刀銘「獲鹵大王」は雄略に比定される。在位二四年、六二歳で崩御した。陵は大阪府羽曳野市の丹比高鷲原陵(たじひのたかわしのはらのみささぎ)。(四一八‐四七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄略天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雄略天皇の関連情報

他サービスで検索

「雄略天皇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.