Rakuten infoseek

辞書

雄勝城【おかちのき】

日本の城がわかる事典

おかちのき【雄勝城】
秋田県横手市雄物川町(当時の雄勝郡)にあったとされている古代城柵奈良時代の759年(天平宝宇3)、陸奥守の藤原朝狩(さかり)が造営したとされる。雄物川流域一帯では発掘された古代の城柵は払田柵(ほったのさく)(大仙市)のみで、雄勝城の存在は未確認で、横手市教育委員会を中心に発掘調査が続いている。払田柵が雄勝城とするもあるが、年代測定によれば払田柵は雄勝城造営の記録よりも新しく別の城柵であるとする意見も根強く、雄勝城はのちに払田柵に包含されたのではないかという説など、諸説ある。◇「がちじょう」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おがちじょう【雄勝城】
8世紀の前半までに出羽柵秋田城が築かれ,出羽国の庄内平野秋田平野が一応律令国家に組みこまれた。ついで政府は懸案であった秋田県の内陸部,雄勝地方(横手盆地)への進出を企てた。そのために759年(天平宝字3)に築かれたのが雄勝城である。これは東北の行政・軍事全権をゆだねられた藤原朝獦が積極的に推進した政策で,雄勝城築城に呼応するがごとく,陸奥側では同時に桃生(ものう)城が築かれる。雄勝城は築城以来10世紀ごろまでにかけて,国府,秋田城とならんで,出羽国統治の中心的役割を果たした城柵である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

雄勝城
おがちじょう
奈良時代,蝦夷 (えみし) 攻略のため出羽国雄勝郡に設けられた城柵
759年完成。秋田城と並ぶ北方支配の拠点所在地は秋田県雄勝郡羽後町が有力。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄勝城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雄勝城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.