Rakuten infoseek

辞書

【ジャク】

デジタル大辞泉

じゃく【雀】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すずめ【×雀】
スズメ目ハタオリドリ科の鳥。人家周辺や農耕地に普通にみられ、全長14センチくらい。頭は茶色、ほおとのどに黒い点がある。背は茶色に黒い斑点があり、腹は灰白色。稲など農作物を食べるが、害虫も食べる。ユーラシアに広く分布。黄雀(こうじゃく)。
おしゃべりな人。またよく出入りしてそこの事情に詳しい人。「京」「楽屋
紋所の名。1を図案化したもの。
[下接語]海雀江戸雀楽屋雀寒(かん)雀着た切り雀京雀小雀里雀入内(にゅうない)雀初雀脹(ふく)ら雀紅雀群(むら)雀群(むれ)雀吉原雀葦原(よしわら)雀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すずめ【雀】
スズメ目ハタオリドリ科の小鳥。全長約15センチメートル。背面は地味な黄褐色で頭は茶色、ほおとのどに黒い模様があり、腹面は灰白色。人家の近くで群れをなして生活し、虫や穀物を食べ、イネに害を与えることがある。ユーラシアに広く分布。
事情通である人。また、内幕や情報をしゃべってまわる人。 楽屋-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

雀 (スズメ)
学名:Passer montanus
動物。ハタオリドリ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しじめ【雀】
〘名〙 「すずめ(雀)」の変化した語。
※散木奇歌集(1128頃)雑上「畑ふに黍はむしじめししめきてかしましきまで世をぞ恨むる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャン【雀】
〘名〙 「マージャン(麻雀)」の略語

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すずみ【雀】
〘名〙 「すずめ(雀)」の変化した語。
※書紀(720)斉明四年是歳(北野本訓)「北海の浜に、魚死にて積めり。厚さ三尺許り。其の大きさ(えひ)の如くにして雀(ススミ)の啄(くち)針の鱗あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すずめ【雀】
〘名〙
① ハタオリドリ科の鳥。全長約一四センチメートル。頭は茶褐色、背面は褐色で黒色の縦斑(じゅうはん)があり、顔と腹面は灰白色。頬と喉に黒斑がある。人家付近にすみ、屋根がわらの下や石垣に枯れ草やわらで巣をつくる。群をなすことが多く、秋にイネなどの穀物に害を与えるが、繁殖期には害虫を捕食する。ヨーロッパ・アジアに広く分布し、日本各地で最もふつうにみられる鳥で、昔から多くの物語に登場し親しまれる。二〇世紀になって北アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなどに輸入されて各地で増えている。スズメの近縁種は一四種が旧大陸に分布しており、ヨーロッパで人家付近にふつうにいるのはイエスズメである。
※古事記(712)上「河鴈を岐佐理持〈岐より下の三字は音を以ゐよ〉と為(し)、〈略〉雀(すずめ)を碓女(うすめ)と為、雉を哭女(なきめ)と為、如此(かく)行ひ定めて」
※俳諧・猿蓑(1691)四「はるさめのあがるや軒になく雀〈羽紅〉」
② (雀のさえずりの騒がしいのにたとえて) 多弁な人をいう語。おしゃべり。
※雑俳・軽口頓作(1709)「見とむない・ととさしをいてすずめどの」
③ 事情に精通していて、それをさかんにしゃべる人。
※雑俳・柳多留‐二三(1789)「江戸見物には雀が一羽付き」
④ 紋所の名。①を図案化したもの。雀の丸、二羽雀、竹輪に三羽雀、ふくら雀など。
⑤ 辻君など、下等な遊女をたとえていう語か。
※梁塵秘抄(1179頃)二「西の京行けば、すずめ歯黒め布穀鳥(つつどり)や、さこそ聞け、色好みの多かる世なれば、人は響(とよ)むとも、麿だに響まずは」
⑥ 元祿時代(一六八八‐一七〇四)京坂地方の芸妓が結った髪型。〔戯場訓蒙図彙(1803)〕
⑦ 「すずめがた(雀形)」の略。
※雑俳・川柳評万句合‐明和六(1769)義一「仲人は雀(すずメ)を出すがいとま乞」
⑧ 燗徳利(かんどくり)の一種。素焼で雀や鳩に似せた形のもの。
※梨の花(1957‐58)〈中野重治〉一「『さ、あけないま』といっておじさんが『すずめ』を持ちあげる」
[語誌](1)「本草和名」には「和名 須々美」とあり、そのほか「観智院本名義抄」「色葉字類抄」にも「ススメ」「ススミ」の両訓があるから、古くはスズミの形も存在したと思われる。
(2)その鳴き方や動作・営巣などによる吉凶占いや天候占いは古くから各地に伝わっている。食用としても珍重された。
(3)魚・虫・植物などの名に「すずめ…」あるいは「すずめの…」(「すずめ鯛」「すずめ蛾」「すずめ瓜」「すずめの帷子」など)とつくものがあるが、これは「小さい」という意味を表わす場合と、雀の姿や特徴との類似からきている場合がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.