Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

隼人【はやと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隼人
はやと
鹿児島県北東部,霧島市中西部の旧町域。鹿児島湾北岸にある。 1929年町制。 1954年日当山町,清水村と合体して人日当山町となり,1957年隼人町に復した。 2005年国分市,溝辺町,横川町,牧園町,霧島町,福山町の1市5町と合体して霧島市となった。浜之市は江戸時代,商港として栄え,鹿児島湾北部随一の物資集散地であった。湾岸の沖積地を中心に,米,サツマイモを産し,タバコ (国分たばこ) ,漬物用ダイコンを特産。繊維,電機などの工場も進出し,1984年に国分市とともに国分隼人テクノポリス地域の指定を受けた。天降川 (あもりがわ) 沿いには温泉が多く,中流部には日当山温泉,上流部には新川渓谷温泉郷がある。付近一帯は古代部族である隼人居住地といわれ,隼人塚 (国指定史跡) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隼人
はやと
古代南九州に居住していた一部族。主として大隅薩摩地方に居住していた。5世紀中頃以降大和朝廷服属し,勇猛敏捷であったため,徴発されて宮門警衛行幸先駆などを勤めた。大宝令では隼人司がおかれ,6年交代で朝廷に勤番し,勤番後,畿内近江播磨などに土着を許された。一方,8世紀の初め頃隼人の反乱が起り,たびたび鎮圧軍が派遣されたが,大隅,薩摩の国司に大宰府官人が任命されるようになってから,次第に律令支配体制に組込まれていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はや‐と【×人】
はやひと」に同じ。
鹿児島県の男性をいう語。「薩摩(さつま)隼人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ひと【×隼人】
《「はやびと」とも》古代、九州南部、現在の鹿児島地方に居住した人々。しばしば朝廷に反抗したが、服従後は京に上って宮門の守護、行幸の先駆や、即位大嘗祭(だいじょうさい)などに奉仕した。はやと。はいと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

隼人
三重県で生産されるサツマイモ。カロテン含有量が多く、色が鮮やか。名物の干しイモ「きんこ」に加工される。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやと【隼人】
〈はやひと〉ともよむ。古代に南九州地方に住み,熊襲(くまそ)のほかに永らく大和政権に服属をがえんじなかった人々を隼人と称した。律令時代に〈夷人雑類〉としての扱いをうけている。それは南九州がシラス地帯で,いわゆる膂宍(そしし)の空国(むなくに)であり,多くは水田耕作に適さず,主として狩猟漁労営み,地域的にも孤立し,南方系の文化の影響を濃厚にうけていたことによるものであろう。生活様式を異にし,言語的にも〈訳語(おさ)〉を介さなくては通ぜぬことが,一般の班田農民と差別されることとなったと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はやひと【隼人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやと【隼人】
はやひとの転
古代、薩摩・大隅に居住した人々。敏捷・勇敢なことで知られ、たびたび反乱を起こしたが、八世紀には朝廷に服属して、宮門の警衛などにあたった。はいと。
鹿児島県の男子の称。 薩摩-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやと【隼人】
鹿児島県中部、霧島市の地名。鹿児島湾奥に位置し、隼人塚、鹿児島神宮、隼人温泉などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやひと【隼人】
はやと(隼人)に同じ。 -の名に負ふ夜声いちしろく/万葉集 2497

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はいと【隼人】
〘名〙 (「はやひと(隼人)」の変化した語) 古代、九州の南部地方に住んでいた集団。はやと。はいとん。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐と【隼人】
〘名〙 (「はやひと(隼人)」の変化した語)
② 九州南部、大隅・薩摩国(鹿児島県)の男子。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「勝ち誇った隼人の健児が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ひと【隼人】
〘名〙
① 古代、大隅・薩摩(鹿児島県)に住み、大和政権に従わなかった集団。五世紀後半頃には服属したらしく、やがて中央に上番(じょうばん)して宮門の警衛などに当たり、一部は近畿地方に移住した。令制では隼人の司(つかさ)に管轄され、宮城の警衛に当たった。また、儀式の際には参列して犬の吠声のような声を発したり、風俗(ふぞく)の歌舞などを行なって奉仕し、また竹笠の造作に従事した。はやと。はいと。
※続日本紀‐大宝二年(702)九月戊寅「討薩摩隼人軍士、授勲各有差」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

隼人
はやと
古代,九州南部に住んだ一種族
熊襲 (くまそ) と同族説もあるが系統不明。大和政権の九州征討に反抗し,異民族視された。律令制では衛門府隼人司に属し,朝廷の儀式の際の歌舞や宮門の警衛にあたった。しばしば反乱をおこしたが,720年大伴旅人に平定され,以後完全に服属した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隼人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隼人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.