Rakuten infoseek

辞書

隠避【インピ】

デジタル大辞泉

いん‐ぴ【隠避】
[名](スル)犯人蔵匿罪となる行為の一。隠れ場所を提供する以外の方法で、犯人・逃走者の発見または逮捕を妨げること。逃走資金の供与身代わり自首など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんぴ【隠避】
( 名 ) スル
〘法〙 蔵匿以外の方法で、犯人・逃走者・誘拐された人などの発見を妨げる行為。逃走資金を援助したり、変装させたり、身代わりとして別人を出頭させるなどの行為がこれにあたる。 → 蔵匿

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐ぴ【隠避】
〘名〙
① 隠れ避けること。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「兄弟不和。諸少児等輙以口闘。今欲笞誨。皆悉隠避。而汝何独進乎」 〔後漢書‐卓茂伝〕
② 犯人の発見、逮捕を妨げる行為のことで、隠れ場所を提供する以外のいっさいの方法をいう。たとえば、犯人に変装用の衣服を与える、身代わりを立てるなど。
※刑法(明治四〇年)(1907)一〇三条「拘禁中逃走したる者を蔵匿し又は隠避せしめたる者は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠避」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隠避の関連情報

他サービスで検索

「隠避」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.