Rakuten infoseek

辞書

隠遁【いんとん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隠遁
いんとん
世俗を離れて生活すること。世間を去って山中などに住み,仏教の修行に専心すること。また特に,自力門を離れて,浄土教信仰に入ることもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐とん【隠×遁】
[名](スル)俗世間を逃れて隠れ住むこと。遁世(とんせい)。「庵を結び隠遁する」「隠遁者」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんとん【隠遁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんとん【隠遁】
( 名 ) スル
世事を逃れ、隠れ住むこと。 「 -者しや」 「山中に-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐とん【隠遁】
〘名〙
① 世の俗事を捨て隠れ住むこと。世。
※明衡往来(11C中か)下本「最所望也。隠遁之身」
※東関紀行(1242頃)序「これ即ち、身は朝市にありて、心は隠遁にあるいはれなり」 〔後漢書‐逸民伝・矯慎〕
② 逃げ隠れること。
※貴嶺問答(1185‐90頃)「少女等恐強姧隠遁、青侍又伴彼女子逐電」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠遁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隠遁の関連情報

他サービスで検索

「隠遁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.