Rakuten infoseek

辞書

隔膜法【かくまくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隔膜法
かくまくほう
diaphragm process
食塩水の電気分解により塩素水酸化ナトリウム (カセイソーダ) を製造する方法の一つ。このほかに水銀法とイオン交換膜法 (→イオン交換膜法製塩 ) があり,水銀法は純度の高い水酸化ナトリウムが得られることから優勢であったが,水銀公害の問題から日本では中止され,隔膜法に一時切替えられた。鉄網を陰極,不溶性金属極または黒鉛を陽極とし,両極室は石綿などの隔膜で分離される。食塩水を電解すると陰極室に水酸化ナトリウムと水素が,陽極室には塩素が生じる。隔膜の役割は重要で,電流効率と生成物の純度に直接影響があり,両極生成物の分離と両極室溶液の混合を防ぐ役目をするので,種々の工夫がなされている。陰極室から取出される流出液の組成は水酸化ナトリウム 10~12%,塩化ナトリウム 11~14%。これを真空釜で濃縮すると溶解度の差により塩化ナトリウムは析出し,水酸化ナトリウムは濃縮される。隔膜法水酸化ナトリウム中には塩化ナトリウムを含み純度が低いため,イオン交換膜法の技術が確立されたことに伴い,急速に縮小されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくまくほう【隔膜法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

隔膜法
カクマクホウ
diaphragm process

[同義異語]電解ソーダ法

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

隔膜法
かくまくほう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隔膜法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隔膜法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.