Rakuten infoseek

辞書

隔壁【カクヘキ】

デジタル大辞泉

かく‐へき【隔壁】
二つの物を隔てる壁。仕切り。
船舶で、浸水あるいは積み荷の石油などの漏出を一部にとどめるため、船内を仕切る
飛行機で、特に客室後部にあって与圧室を区切る半球状の耐圧壁。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくへき【隔壁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくへき【隔壁】
間をへだてる壁。しきり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

隔壁
かくへき
bulkhead
一般的には仕切りの壁をいうが、船舶用語では船体の内部をいくつかの区画に分ける仕切り壁をいう。タイタニック号沈没(1912)などの教訓から、主要な隔壁は浸水を一つの区画に局限するという明確な目的の下に設けられるようになった。そのほか船体構造の強化、防火壁としての延焼防止、貨物倉や水・油タンクの形成といった役割ももっている。また単なる仕切りのために設けられるものもあり、通常一つの隔壁でいくつもの役割を兼ねている。竹の節(ふし)のように船体を横方向にくぎっているものを横隔壁といい、船の長さに応じてその数が定められている。また、船の長さ方向に沿って1、2条設けられるものを縦隔壁という。隔壁は鋼製の平板に補強のためのスチフナstiffener(形鋼の骨材)をつけた構造で、平板は浸水時の水圧に耐えるために下のほうほど厚くする。板を波形に曲げて強度を保ち、スチフナを省略した波形隔壁もある。[森田知治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐へき【隔壁】
〘名〙
① 物を隔てる壁。仕切り。また、壁を隔てた部屋。隣室。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「廁内にいたりて〈略〉隔壁と語笑し、声をあげて吟詠することなかれ」
② 植物で、子房や果実の内部の各室を隔てる壁。〔生物学語彙(1884)〕
③ 船や飛行機の内部を仕切る壁。
※黒船前後(1933)〈服部之総〉黒船前後「船首と船尾にはもひとつ特別な隔壁を作った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

隔壁
 →中隔

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隔壁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隔壁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.