Rakuten infoseek

辞書

【カイ】

デジタル大辞泉

かい【階】
[名]
上がり段。きざはし。階段。
多層の建物の一つの層。「受付は2にある」
地質年代による地層区分の最小の単位。年代区分の「」に対応し、「」を細分したもの。
数学で、微分方程式に含まれる未知関数の導関数の最高次数。
[接尾]助数詞。
建築物の層を数えるのに用いる。「35建てのビル」
位階の等級を数えるのに用いる。
「一―こえて、内侍督(ないしのかみ)三位の加階し給ふ」〈宇津保・蔵開下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい【階】[漢字項目]
[音]カイ(漢) [訓]きざはし
学習漢字]3年
段になった通路。はしご段。「階段階梯(かいてい)
地位などの上下の順序。「階級階層位階越階(おっかい)音階職階段階
建物の床の重なり。「階下地階
[名のり]とも・はし・より

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きざ‐はし【階/階】
階段。きだはし。「の―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きだ‐はし【階/階】
きざはし」に同じ。
「―のもとに行きて見れば、履物どもひしと脱ぎたり」〈義経記・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【階/×梯】
(階)庭から建物に上がる階段。きざはし。
「―を三段登る」〈鴎外山椒大夫
(梯)はしご。かけはし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かい【階】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きざはし【階】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はし【階】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かい【階】
[1] ( 名 )
多層の建築物のひとつの層。 「上の-」
地質時代を区分する時の最小単位である「期」に相当する期間に堆積した地層。
官位。等級。 「 -越えて学士の右大弁三位になる/宇津保 国譲下
階段。きざはし。
( 接尾 )
助数詞。
建築物の層を数えるのに用いる。 「二-建て」
位階の等級を数えるのに用いる。 「一-越えて、ないしのかみ三位の加階し給ふ/宇津保 蔵開下

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きざはし【階】
階段。だんだん。きだはし。 「石の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【階】
〔「梯はし」と同源〕
庭から家に上がる階段。きざはし。 「 -を上りもはてずつい居給へれば/源氏 総角

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい【階】
[1] 〘名〙
① きざはし。きだはし。あがりだん。階段。段。
史記抄(1477)九「言は壇は階三重なり」 〔礼記‐曲礼上〕
② 位の上下のわかち。官位、位階、階級などの等級。きざみ。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「東宮のすけ、四位、階こえて学士の右大弁三位になる」 〔潘岳‐藉田賦〕
建築物で、ある一つの層。
※丸善と三越(1920)〈寺田寅彦〉「凡ての階を隅から隅迄歩かせられる事もある」
地質時代の「期」に相当する地質系統。期の期間に堆積した地層。
[2] 〘接尾〙
① 位階の等級を数えるのにいう。
延喜式(927)一八「凡選人長上於官引唱。番上於省引唱。若三日之内不到者。降一階叙」
② 建築物の層を数えるのにいう。
※平家(13C前)五「大仏殿二階の上には千余人のぼりあがり」
③ 数学で、微分方程式に含まれる未知関数の導関数の最高次数を示すのに用いる。それがたとえば三ならば三階の微分方程式という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

階の関連情報

他サービスで検索

「階」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.