Rakuten infoseek

辞書

階梯【カイテイ】

デジタル大辞泉

かい‐てい【階×梯】
本来は「はしごだん」の
学問・芸術などの手ほどき。また、それを説いた書物。入門書。「英語階梯
学問・芸術などを学ぶ段階。また、物事の発展の過程。
「低いレベルから、さらに公正な―に一段高く立つことが」〈長与竹沢先生と云ふ人
器械体操で斜めにかけて使うはしご。また、それを使ってする体操

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいてい【階梯】
階段の意
物事を学ぶ段階。また、物事の発展の過程。 顔の醜いのを自認するのは心の賤しきを会得する-にもならう/吾輩は猫である 漱石
学問・芸能の手引き。 仏語-
体操器具で、斜めに立てかけたはしご。また、それを使って行う体操。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐てい【階梯】
〘名〙
① 昇降の階段。きざはし。はしご。〔何遜‐七召〕
② 物事を学ぶ段階。物事の発展の過程。また、入門書の意で、「蘭学階梯」などのような書名としても用いられた。
※済北集(1346頃か)一二・清言「我法不名相。不階梯。直示人心見性成仏」
※俳諧・葛の松原(1692)「風雅は道の階梯なれば、内は肝胆の理にわたらず、外は人物の情に達すべけれど」 〔韓愈‐南内朝賀帰呈同官詩〕
③ 器械体操の道具。斜めに立てかけたはしご、また、それによって行なう体操。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

階梯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

階梯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.