Rakuten infoseek

辞書

隅田川【すみだがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隅田川
すみだがわ
別称大川浅草川。東京都の東部を流れる川。全長 25km。奥秩父の甲武信ヶ岳に源を発し,関東平野を流れて東京湾に注ぐ荒川の下流部。北区の岩淵水門から河口までをさす。昔はシラウオ,コイを産し,水澄める大川として親しまれ,文化の中心であった。明治以降江東の市街地化と工業地帯の発展で汚濁が著しく,工場排水の規制や利根川の水を荒川を経由して放流するなど,川の浄化が行われている。隅田川には形がすべて異なる近代建築美を競う特色のある 10余の橋がかかり,それらは耐震耐火の模範橋で,日本の近代橋梁技術の発展過程を示している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隅田川
すみだがわ
(1) 能の曲名。四番目物 (→雑物 ) ,狂女物。観世十郎元雅作。「角田川」とも書く。京都北白河の吉田某の子梅若丸人買い商人に誘拐され,狂気の母が行くえを捜し武蔵の隅田川に着くと,梅若は前年病死,一周忌の供養を催すところであったので,母はいたく悲しみ,わが子の塚の前で念仏を唱えると子の亡霊が現れるというもの。 (2) 歌舞伎舞踊曲。清元。条野採菊が歌詞を謡曲からとって開曲,1906年藤間政弥により歌舞伎座の舞踊会で振付がなされた。その後 19年,山崎紫紅が舟唄を入れて補正し,2世市川猿之助が歌舞伎座で振付・上演。このほかにも同様の筋をもつ歌舞伎所作事がいくつかあるが,本作が最も謡曲に近く,わが子の死を知らされた母の悲しみが純粋かつ叙情的に描かれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すみだ‐がわ〔‐がは〕【隅田川】
東京都東部を貫流する荒川の分流。北区岩淵で荒川から分岐する。墨田区鐘ヶ淵から下流をいうこともある。吾妻(あずま)橋から下流を大川ともいう。千住大橋から勝鬨(かちどき)橋まで16の橋が架かる。墨田川。角田川。
謡曲。四番目物金春(こんぱる)流は「角田川」。観世元雅作。人買いにさらわれた愛児梅若丸を狂い尋ねる母が隅田川の渡し守にその死を知らされ、墓前で弔うと亡霊が現れる。
芝木好子中編小説。昭和36年(1961)「群像」誌に発表。同年刊行の作品集「湯葉・隅田川」に収録。「湯葉」「丸の内八号館」とともに自伝的3部作をなす。
(すみだ川)永井荷風の中編小説。明治42年(1909)、「新小説」誌に発表。同作を表題作とする作品集は、明治44年(1911)刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すみだがわ【隅田川】
荒川下流の分流。東京都北区志茂の岩淵水門から下流を指し,下町低地を緩流して東京湾に注ぐ。一般には鐘ヶ淵(かねがふち)の屈曲部から下流部をいうことが多い。岩淵水門から河口までの流路延長23.5km。東側の墨田・江東両区と西側の台東・中央両区の境界をなし,近世初頭までは武蔵と下総の国境となっていた。古くは住田川,角田川,墨田川とも書き,須田(すだ)川,あすだ川,染田川,浅草川,宮戸(都)川とも呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

すみだがわ【隅田川】
(1)能の曲名。流派により〈角田川〉とも書く。四番目物。狂女物。観世元雅(もとまさ)作。シテは梅若丸の母(狂女)。武蔵と下総(しもうさ)の国境にある隅田川の渡し守(ワキ)が客を待っていると,旅人(ワキヅレ)が来て,あとから女物狂いがやって来ることを知らせる。それは,わが子を人買いにさらわれて心が乱れた女で,京都からはるばる子を尋ね求めてこの東国まで来たのだった(〈カケリ等〉)。女は川辺の鳥を見て船頭に名を尋ね,それが都鳥だと知って業平東下りの故事を思い出し,わが身に引きくらべて遠い旅路を振り返り,感慨を催す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の地名がわかる事典

〔東京都〕隅田川(すみだがわ)

東京都を流れる川。北区の岩淵(いわぶち)水門で荒(あら)川から分流、新河岸(しんがし)川・石神井(しゃくじい)川・神田(かんだ)川などを合わせながら都東部の区境をなして南東流し、東京湾に注ぐ。1級河川(荒川水系)。延長25km。江戸時代から物資輸送の大動脈として利用され、川開きの花火、屋形船などが江戸庶民に親しまれた。元は入間(いるま)川の下流だったが、1629年(寛永6)の瀬替え工事で荒川の本流となり、大雨時には利根(とね)川水系の流水も流入して洪水が頻発、1913年(大正2)に現北区岩淵町から東方に直接東京湾に流す全長22kmの荒川放水路の工事が着工され1930年(昭和5)に完成、1965年から放水路のほうが荒川本流とされた。なお、洪水対策として隅田川の両岸にはスーパー堤防が設置された。高度経済成長期には工場廃水や下水による水質汚染が発生したが、近年、水質は大幅に浄化された。河口近くには清洲(きよす)橋・勝鬨(かちどき)橋など多数の橋が架かる。浅草の吾妻橋(あづまばし)と竹芝(たけしば)の日()の出()桟橋(さんばし)間を水上バスが定期運航。7月に行われる花火大会が有名。古くは千住(せんじゅ)川・浅草(あさくさ)川・両国(りょうごく)川・大(おお)川などとの部分称があった。角田(すみだ)川・住田(すみだ)川とも表記され、漢語風雅称として墨水(ぼくすい)の名もあった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すみだ‐がわ ‥がは【隅田川】
(古くは「墨田川・墨田河・角田川・住田川」とも表記された)
[一] 東京都東部を流れる荒川の分流。古くは東京湾に注いでいた利根川の下流。昭和四〇年(一九六五)の河川法改正以前は荒川の下流をさした。一般には墨田区鐘ケ淵から下流、または荒川から分流する北区岩淵から下流をいう。江戸時代はシラウオ・アサクサノリが採れ、交通路としても利用。沿岸は明暦の大火(一六五七)以後発展。関東大震災(一九二三)以後多数の橋がかけられた。吾妻橋から下流は浅草川(大川)とも呼ぶ。全長二三・五キロメートル。歌枕。都川。墨水(ぼくすい)。澄江(ちょうこう)
[二] 謡曲。四番目物。各流。観世十郎元雅作。人商人(ひとあきびと)にさらわれたわが子梅若丸のゆくえを尋ねて、京都北白川に住む母は狂乱の体で旅のすえ武蔵国隅田川にたどり着く。対岸に渡る船の中で船頭から、捜し求める子が一年前この地で死んだことを聞き、その塚の前で泣きながら念仏を唱えると、梅若丸の亡霊が現われる。母は子を追い求めるがむなしく消え、夜が明けてみると塚だけが残されていた。狂女物中の傑作で悲劇で終わる異色作。後世の文芸に大きな影響を与えた。
[三] (すみだ川) 小説。永井荷風作。明治四二年(一九〇九)発表。近代文明の大きな流れの奥底にくりひろげられる隅田川畔の下町の庶民の生活を、哀感を込めて、季節の推移とともに描き出す。
[四] 江戸時代の酒の銘柄の一つ。江戸浅草並木町山屋半三郎(山半)から売り出した。隅田川の水を用いての醸造という。隅田川諸白(もろはく)
※洒落本・通言総籬(1787)一「長崎屋のこはんが所から隅田川をもらった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

隅田川
すみだがわ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
宝永6.夏(京・万太夫座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隅田川
〔清元〕
すみだがわ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
条野採菊 ほか
初演
大正8.10(東京・歌舞伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隅田川
(通称)
すみだがわ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
出世隅田川 など
初演
元禄14.3(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隅田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隅田川の関連情報

他サービスで検索

「隅田川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.