Rakuten infoseek

辞書

陽電子【ようでんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陽電子
ようでんし
positron
ポジトロンともいう。電子反粒子で,電子と同じ質量スピン,統計をもつが,電荷は逆符号で同じ大きさの正電荷+eをもつ。陽電子の存在は 1928年ディラックの電子論によって予想され,32年 C.D.アンダーソンによって宇宙線の霧箱写真のなかで発見された。陽電子は電子と結合してポジトロニウムと呼ばれる1種の原子をつくるが,結局は両粒子が対消滅して光子となる。逆に高エネルギーの光子 (γ線) が電子と陽電子を生成する現象を対生成という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐でんし〔ヤウ‐〕【陽電子】
電子と質量・スピンは同じで、正の電荷をもつ素粒子電子反粒子。物質中に入ると電子と対になり消滅する。1932年にC=D=アンダーソンが宇宙線中に発見。ポジトロン。⇔陰電子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素粒子事典

陽電子
記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
e++10.51 MeV 1/2無限大軽粒子
★記号★

電子の反粒子。ポジトロンともいう。高エネルギーの光子を物質に当てて作る。電子に出会うと,低エネルギーでは一種の分子状態(ポジトロニウム)形成し2個又は3個の光子にこわれるが,エネルギーが高いと一気に消滅して2個の光子になる。1932年,アンダーソン(米)により,宇宙線による反応のなかから発見された。

出典:素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようでんし【陽電子 positron】
ポジトロンともいう。電子の反粒子。電子と同じ質量をもち,電荷は逆符号で+eである。P.A.M.ディラックの電子論ではその存在が予想されていたが,1932年C.D.アンダーソンによって宇宙線の霧箱写真中で初めて発見され,これによってディラックの理論の大筋が承認されるようになった。高エネルギーの光子が物質中を通過するとき電子・陽電子の対がつくられる(電子対生成)。逆に陽電子は物質中の電子に衝突して消滅し,光子に転化するが,その際,陽電子と電子は静電気の引力により結合状態(ポジトロニウム)をつくる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ようでんし【陽電子】
電子の反粒子。記号 e+  正の電気素量をもち、スピン・質量は電子と全く同じで、電子と対生成、対消滅する。ポジトロン。 ↔ 陰電子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陽電子
ようでんし
positron
電子の反粒子。オーストリアのシュレーディンガーとドイツのハイゼンベルクによる量子力学の建設後、イギリスのディラックは、スピン1/2の電子の従うべき相対論的波動方程式を探究していわゆるディラック方程式を発見した(1928)。この方程式は電子のもつ磁気モーメントを正しく導くなどの成功を収めた。しかしこの方程式には負のエネルギーの解が存在することも同時にわかった。負エネルギーの解を許すと、電子は光を放出していくらでも低いエネルギーの状態に遷移できるため、電子は不安定となる。この困難を回避するため、ディラックは、真空はすべての負エネルギー状態が電子により満たされている状態と考える仮説を設けた。電子は同一の状態に二つ以上入れないフェルミ‐ディラック統計に従うので、この仮説より電子は負エネルギー状態には遷移できなくなり安定となる。エネルギーを外から与えこの真空の負エネルギー状態の電子を正エネルギーの電子に遷移させれば、一つの電子と一つの負エネルギー状態の欠損が得られる。負エネルギー状態が満たされた状態が真空であるから、この欠損はそこに正の電荷をもった粒子(陽電子)が存在することに等しいとディラックは考えた。これをディラックの空孔仮説という。前記の過程は電子・陽電子の対(つい)生成、逆にたどれば対消滅となる。ディラックの予言した陽電子は、アメリカのC・D・アンダーソンにより宇宙線中に発見された(1932)。
 現在の場の量子論においては、正負エネルギーの解はそれぞれ電子をつくる演算子、陽電子を消す演算子と再解釈することにより、真空は無限個の電子で満たされているとの無理な仮定をせずに、矛盾のない理論がつくられている。そしてディラックの空孔仮説ではあいまいであった陽電子の質量も電子のそれに等しいことが導かれる。今日ディラックの空孔仮説の応用として、あるエネルギー準位以下がフェルミ粒子で満たされている状態から出発し、その状態からの励起やそれらの力学を考えることにより、半導体や原子核の理論で空孔仮説が有効に使われている。陽電子断層撮影の医学利用も始まっている。[益川敏英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽電子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陽電子の関連情報

他サービスで検索

「陽電子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.