Rakuten infoseek

辞書

陽性【ヨウセイ】

デジタル大辞泉

よう‐せい〔ヤウ‐〕【陽性】
[名・形動]
積極的で、陽気なこと。内にこもらないで、開放的な感じであること。また、そのさま。「陽性な(の)気質」⇔陰性
医学の検査などで、ある刺激に対して反応がはっきり現れること。陽性反応のこと。⇔陰性

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ようせい【陽性】
陽気な性質。積極的な性質。 -の人
ある物質に特有な呈色反応が起こり、その物質が検出されること。
陽性反応のこと。
原子が他の原子と化学結合するとき、電子を引きつける傾向が弱いこと。電気陰性度が小さいこと。また、原子(団)が陽イオンになる傾向が強いこと。水素や金属元素は陽性元素である。
▽⇔ 陰性

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐せい ヤウ‥【陽性】
〘名〙
① 事物の本質、現象を陰陽に分けた時に、陽に属するもの。また、その特性、働き。天候上では、万物の生き生きとする陽春の気をいう。⇔陰性
※乾坤弁説(1656)亨「夫雪と云は、日輪の陽性に随て、中部の風中迄上騰する湿気、其体重濁なるが故に、上部の風大に至ること不能して、中部の風中に留滞する」 〔申鑒‐雑言・下〕
② (形動) 性質が明るいこと。陽気で活発な性質。また、うちにこもらないで開放的なさま。⇔陰性
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「あれはふざけ廻るのを天職の様に心得て居る。全く陽性の気狂に相違ない」
③ 化学で、原子陽イオンになりやすいこと。また、原子が他の原子と結合する際、電子を引きつける傾向が弱いこと。⇔陰性。〔稿本化学語彙(1900)〕
④ 「ようせいはんのう(陽性反応)」の略。〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陽性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.