Rakuten infoseek

辞書

険/嶮【ケン】

デジタル大辞泉

けん【険/×嶮】
[名・形動]
山などのけわしいこと。また、その場所。難所。
「箱根の山は天下の―」〈鳥居忱・箱根八里〉
困難が多いこと。
「―を冒し危きを凌ぎ」〈中村訳・西国立志編
(「権」「慳」とも書く)顔つき・目つき・物言いなどに表れるきつい感じ。また、とげとげしさのあるさま。「―のある顔」
「其の嫉妬(しっと)執着の、―な不思議の形相が」〈鏡花歌行灯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【険〔險〕】[漢字項目]
[音]ケン(呉)(漢) [訓]けわしい さがし
学習漢字]5年
地形が切り立ってけわしい。けわしい所。「険阻険要険路峻険(しゅんけん)天険
危ない。危ないこと。「危険探険保険冒険
とげとげしい。「険悪険相陰険
[補説]1は「嶮(けん)」と通用する。
[名のり]たか・のり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

険/嶮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

険/嶮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.