Rakuten infoseek

辞書

陸軍幼年学校【りくぐんようねんがっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陸軍幼年学校
りくぐんようねんがっこう
military preparatory school
将来陸軍将校を志願する少年に対して,初歩的な軍事学や軍事訓練を加味しながら,おもに普通学科を教授し,軍人精神の涵養 (かんよう) をはかる学校。日本の旧陸軍では,明治2 (1869) 年の兵学寮幼年学舎がそのりで,同5年陸軍幼年学校改称,1887年幼年学校官制が制定され,96年には中央と地方の幼年学校が設けられた。教育総監が管轄し,入学資格は学歴に関係なく 13歳と 14歳の少年の志願者から試験で選抜した。修業3年で,卒業とともに陸軍士官学校予科 (のち陸軍予科士官学校) へ進学した。東京,仙台名古屋大阪広島熊本に設置されていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りくぐん‐ようねんがっこう〔‐エウネンガクカウ〕【陸軍幼年学校】
旧日本陸軍で、士官を志願する少年を教育した学校。明治3年(1870)設置の兵学寮幼年学舎を前身とし、同5年改称して独立。修業期間は3年間で、卒業生は陸軍士官学校に進学した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくぐんようねんがっこう【陸軍幼年学校】
陸軍の将校生徒となるために必要な素養を与える学校。年少時からの将校教育を主目的とする。旧日本陸軍では1870年(明治3),大阪兵学寮に横浜語学所を合して幼年学舎を設け,先進国の軍事知識吸収のため語学教育を始めた。72年,幼年学舎を陸軍幼年学校として兵学寮から独立し,士官生徒となる幼年生徒を教育した。77年,陸軍士官学校に合併されたが,87年,再び独立した。日清戦争後,軍備拡張に応ずるため,97年に東京,仙台,名古屋,大阪,広島,熊本に陸軍地方幼年学校が設けられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りくぐんようねんがっこう【陸軍幼年学校】
陸軍士官学校入学をめざす少年(中学1、2年修了の者)を教育した学校。1869年(明治2)に設けられた陸軍兵学寮幼年学舎が前身。96年には仙台・東京・名古屋・大阪・広島・熊本に置かれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陸軍幼年学校
りくぐんようねんがっこう
陸軍将校志願の少年に士官学校の予備的教育を施した学校。1870年(明治3)設置の兵学寮幼年学舎をその前身とし、72年に幼年学校と改称。その後一時廃止となったが、96年には地方幼年学校とその卒業を入学させる中央幼年学校に改組、さらに1920年(大正9)には、前者を幼年学校、後者を士官学校予科とした。教育期間はほぼ3年。[吉田 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りくぐん‐ようねんがっこう ‥エウネンガクカウ【陸軍幼年学校】
〘名〙 旧日本陸軍で、陸軍予科士官学校の生徒となるのに必要な教育を行なった学校。修業期間は三年。中学一年ないし二年修了者が受験資格者。明治三年(一八七〇)に設けられた陸軍兵学寮幼年学舎が起源で、大正九年(一九二〇)、中央幼年学校が陸軍士官学校予科、地方幼年学校が陸軍幼年学校となる。東京、広島、仙台、熊本、名古屋、大阪にあった。〔陸軍幼年学校官制‐明治二〇年(1887)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸軍幼年学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陸軍幼年学校の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.