Rakuten infoseek

辞書

陸羽東線【りくうとうせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陸羽東線
りくうとうせん
山形県新庄市新庄と宮城県美里町小牛田を結ぶ鉄道。東日本旅客鉄道。全長 94.1km。 1917年全通。 1917年の開業当時は陸羽線と称していたが,陸羽西線の改称に伴い,陸羽東線と改称。鳴子トンネルにより奥羽山脈を横断し,奥羽本線東北本線を結ぶ。沿線鳴子温泉をはじめとする玉造温泉郷などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

陸羽東線
JR東日本が運行する鉄道路線。宮城県遠田郡美里町の小牛田駅から山形県新庄市の新庄駅を結ぶ。愛称は「奥の細道湯けむりライン」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陸羽東線
りくうとうせん
東日本旅客鉄道の線路名称。小牛田(こごた)(宮城県)―新庄(しんじょう)(山形県)間、94.1キロメートル。全線単線、非電化。仙台平野より北上(きたかみ)川の支流江合(えあい)川(荒雄(あらお)川)の河谷をさかのぼり、宮城・山形県境の分水嶺(ぶんすいれい)を越えて、最上(もがみ)川の支流小国(おぐに)川の河谷に入り、新庄盆地に結ぶ。沿線に古川市街(東北新幹線と交差接続)や鳴子(なるこ)温泉郷、鳴子峡などの景勝地がある。1913年(大正2)より陸羽線の名称で東西より開業区間を延長し、1917年全通して陸羽東線と改称した。奥羽山脈横断鉄道のなかではもっとも早く完成した線区である。1987年(昭和62)日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。愛称は「奥の細道湯けむりライン」。[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りくう‐とうせん【陸羽東線】
東北本線小牛田(こごた)駅から鳴子駅を経由して奥羽本線新庄駅に至るJR線。東西から建設をすすめ、大正六年(一九一七)陸羽線と新庄線とが結ばれて全通し、現在名に改称。全長九四・一キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸羽東線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陸羽東線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.