Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

陳状【チンジョウ】

デジタル大辞泉

ちん‐じょう〔‐ジヤウ〕【陳状】
実状を述べること。また、その文書。
中世の訴訟で、訴人(原告)の訴状に対して、論人被告)が提出した駁(べんぱく)反論のし状。→訴状

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちんじょう【陳状】
(1)日本の古文書の一様式。一般に上級人格または機関の勘問に対して,自己の非ならざる理由を陳弁する上申文書。勘問はさまざまな理由で行われたが,訴訟において訴人の提出した訴状への陳答を求める場合が多く,この場合,訴状と陳状の両者を総称して訴陳状といった。その書式は,本来は(げ)状の形式であるが,中世,〈何某謹陳(弁)申〉〈何某支言上〉などと書き出し,〈陳(弁)申如件〉〈支言上如件〉などと書き止める申状の形式が多用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陳状
ちんじょう

中世の訴訟制度において訴状に対し、それを反論弁駁(べんばく)するために論人(ろんにん)(被告)が提出する文書。支状(ささえじょう)、目安(めやす)ともいう。書式は一定していないが、書き出しは「某謹陳申(つつしんでちんじもうす)」「某謹弁申(つつしんでべんじもうす)」「某支言上(ささえごんじょうす)」などと記され、書き止めは「陳申如件(くだんのごとし)」「弁申如件」「支言上如件」などと記された。用紙は通例は竪紙(たてがみ)であるが、ときには折紙(おりがみ)(この場合日付は記されない)も用いられた。中世の裁判は当事者主義的傾向が強く、訴人(原告)と論人の文書を通しての応酬(訴陳(そちん)に番(つが)う)が重要な位置を占めたが、幕府法ではそれが3回まで認められた(三問三答。公家(くげ)法は2回)。最初の陳状は初答状、2回目は二答状、3回目は三答状といい、二答状と三答状は重陳状(かさねちんじょう)ともよばれた。

[黒田弘子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん‐じょう ‥ジャウ【陳状】
〘名〙
① (━する) 状況を陳述すること。また、その文書。〔漢書‐劉向伝〕
② (━する) 陳弁すること。また特に、勘問にこたえてことの次第を上申すること。また、その文書。
※東寺古文書‐承和一二年(845)一二月五日・紀伊国那賀郡司解「右、得山前郷長解偁、得左京四条一坊戸主従七位下安倍朝臣房上陳状偁」
③ 歌合の折、自作の歌に対する判について、判者に不服を申し立てる文書。
※玉葉‐承安三年(1173)三月二一日「作者道因〈略〉和歌五首之中、二首負、三首持。因之大怒、以自歌、無其難之由、書陳状清輔之許
④ 中世、幕府の訴訟制度で、論人(被告)が裁判所に提出する弁駁反論の申状。→訴陳状
※吾妻鏡‐文治三年(1187)八月八日「有寺家訴之旨。被仰下之間。就両人。各献陳状。以之可職事云々」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳状」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陳状の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.