Rakuten infoseek

辞書

陰気【インキ】

デジタル大辞泉

いん‐き【陰気】
[名・形動]
万物生成の根本となる二気の一。陰の気。⇔陽気
気分・雰囲気・天候などが、晴れ晴れしないこと。また、そのさま。「なんとなく陰気な人」「陰気な会」⇔陽気
[派生]いんきさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんき【陰気】
[1]
万物が衰え消滅しようとする気。 ⇔ 陽気
[0] 形動 [文] ナリ 
天気・雰囲気・性格などの暗く晴れ晴れしないさま。 ⇔ 陽気 -な性格 -な家
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐き【陰気】
〘名〙
① 万物生成の根本になる精気の一つ。陰の気。⇔陽気
※名語記(1275)一〇「陰気已長じて万物稍くに衰ろふ」 〔礼記‐郊特牲〕
② (形動) 天気、雰囲気、気分などが沈んで晴れ晴れしないこと。うっとうしいこと。また、そのさま。暗い感じがする様子。⇔陽気
※拾玉得花(1428)「寒は陰(いん)、暖は陽の時なれば、陰気には陽を和し、陽気には陰を合はせて、声感をあてがふべし」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「平生隠気(インキ)にてにが虫を食つふしたるごとく」 〔棗拠‐雑詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陰気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.