Rakuten infoseek

辞書

陰徳【イントク】

デジタル大辞泉

いん‐とく【陰徳】
人に知られないようにひそかにする善行。隠れた、よい行い。「陰徳を積む」⇔陽徳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんとく【陰徳】
世間に知られないよいおこない。ひそかに行う善行。 ⇔ 陽徳 -を施す
性的に相手を満足させること。 -を施しすぎて下女はらみ/柳多留 35

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐とく【陰徳】
〘名〙
① 人に知られない善行。ひそかに施す恩徳。かくれた功績。陰騭(いんしつ)
※本朝文粋(1060頃)七・奉左丞相書〈三善清行〉「紛乱之間。授攘之会。宜其陰徳、塞怨門
※太平記(14C後)一四「陰徳(イントク)遂に露れて、今天下の武将に備はり給ひければ」 〔史記‐韓世家賛〕
② 地の徳。転じて、女性の守るべき道徳。婦徳。〔礼記‐昏義〕
③ 性的に相手を満足させる行為を①にかけてしゃれていう語。
※本朝文粋(1060頃)一二・鉄槌伝〈羅泰〉「鉄子、木強能剛。老而不死。屈而更長。已施陰徳誠号摩良
④ 陰陽道で十干の内、乙・丁・己・辛・癸の五をいう。陽徳の五干(甲・丙・戊・庚・壬)に配されて、はじめて徳を現わすとする。
⑤ 九星で陰徳の神がつかさどる日。この日に善行を行なうとよい報いがあるとする。正月、七月は酉の日、二月、八月は未の日、三月、九月は巳の日、四月、一〇月は卯の日、五月、一一月は丑の日、六月、一二月は亥の日。
⑥ 東洋天文学における星の名。紫微垣の内、尚書の西にある施徳をつかさどる二星。小熊座の端にあたる。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陰徳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.