Rakuten infoseek

辞書

陪臣【バイシン】

デジタル大辞泉

ばい‐しん【陪臣】
《「」は重なる意》
臣下の臣。またげらい。⇔直参(じきさん)
江戸時代、大名の家臣の称。旗本御家人直参と称したのに対する語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

陪臣
萩藩の家来は家臣[かしん]といいますが、これに対して右田毛利氏など一門に仕える家来は陪臣[ばいしん]と呼ばれます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばいしん【陪臣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばいしん【陪臣】
臣下の臣。家来の家来。又家来。 ⇔ 直参
江戸時代、直参の旗本・御家人に対して、諸大名の家臣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陪臣
ばいしん
家来(けらい)の家来。又者(またもの)、又家来。直臣(じきしん)・直参に対することば。江戸時代には将軍からみて、諸大名・旗本の家臣をさし、幕府法令ではこの意味で使用される。ただし大名の家臣もまた家来をもつ者がおり、この家来は大名からみると家来の家来すなわち陪臣である。ことに有力外様(とざま)大名の上級家臣のなかには万石以上の者もおり、その家臣団は家老以下足軽に至るまで小大名と同規模の構成であり、この家老も数名の家来を抱えていた。この家来は将軍からみると、陪臣の陪臣のさらに陪臣となる。彼ら陪臣と直臣との間には、身分的に厳しい格差が設けられていた。こうした陪臣の存在は武家社会の重層的な身分階層秩序を物語るものである。それは石高(こくだか)制の下で武士が知行(ちぎょう)高相当の軍役を勤めるため、人数を召し抱えねばならず、平時にも供連れの人数で格式を示すという武家の存在形態に根ざしていた。
 陪臣のうち旗本の家来や下級奉公人は、近世初期の緊張状態が緩和され、武家が窮乏するにつれ一般的にしだいに減少する。大名の家来は新規召し抱え、分知などにより近世前期に増加の傾向をみせ、その後身分制の確定のなかで固定するが、近世後期には財政に逼迫(ひっぱく)した大名が、献金をした庶民を武士身分に取り立てる例もあった。[根岸茂夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばい‐しん【陪臣】
〘名〙 (「陪」は重なる意)
① 臣下の、また臣。家来の家来。またげらい。はべるまちぎみ。⇔直参
※神皇正統記(1339‐43)下「後室の尼公陪臣の義時が世になりぬれば」 〔論語‐季氏〕
② 江戸時代、諸大名につかえた家臣。旗本・御家人を直参というのに対する語。
※集義和書(1676頃)一「陪臣の、国の君を主とすると同理なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陪臣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陪臣の関連情報

他サービスで検索

「陪臣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.