Rakuten infoseek

辞書

陣笠【ジンガサ】

デジタル大辞泉

じん‐がさ〔ヂン‐〕【陣×笠】
室町時代以後、陣中で主として足軽雑兵(ぞうひょう)などが用いた。薄い鉄、または革で作り、を塗って、(かぶと)の代用としたもの。後世は外縁を反らせた塗り笠で、武士外出に用いた。
陣笠連」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんがさ【陣笠】
軍陣に際して使用する笠。すでに〈軍防令(ぐんぼうりよう)〉に兵士所用としての藺帽(いがさ)の名が見え,《源平盛衰記》には鞆絵(ともえ)の武装に白打出(しらうちで)の笠を加えており,室町時代にもしばしば軍陣に唐人笠を用いたことが認められるが,もっぱら陣笠の名称で呼ばれたのは16世紀のころに雑兵(ぞうひよう)たちに使用された鉄製の笠のことである。これは錆地(さびじ)または漆塗りで,御貸具足に付属するため正面に合印(あいじるし)をえがき,後ろに日よけの布をたらすのを常とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんがさ【陣笠】
昔、陣中で足軽・雑兵などの下級の武士が兜かぶとの代わりにかぶった笠。
政党の幹部に追従し、自分の主義・主張をもたない議員。 -連

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陣笠
じんがさ
戦陣所用の笠の称である。中世には上級の武将が綾藺笠(あやいがさ)や打出しの笠を戦時に用いた例が、『後三年合戦絵巻』や『前九年合戦絵巻』『源平盛衰記』などにみえる。戦国時代の文献には、足軽に革笠をつけさせたとある。一般には、戦国時代ごろから足軽、雑兵(ぞうひょう)の用いた端に反りのない革製あるいは金属製で、兜(かぶと)の代用としての簡略な防具である塗り笠をさす。これは簡便、安価な雑兵用の具足(ぐそく)と組み合わされて多量に用いられたものと思われる。黒塗りや朱塗りが多く、正面に定紋や合印(あいじるし)などを描き、所属の集団の標識ともした。また幕末に農兵隊などに広く着用された韮山(にらやま)笠なども一種の陣笠である。別に、近世、上級の武士の軍役、出火などの非常用や通常の遠行などの外出用としての大ぶりで、一文字笠風で端に反りのある塗り笠をも称した。これは筋金(すじがね)や八幡(はちまん)座などをつけたりするものもあり、裏を金銀の箔(はく)押し、たたき塗り、朱塗りなどとし、正面に定紋を描いた上等の笠である。[齋藤愼一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐がさ ヂン‥【陣笠】
〘名〙
① 室町以来、陣中で主として足軽、雑兵(ぞうひょう)などの用いた笠。薄い鉄、または革で作り、漆(うるし)を塗って、兜(かぶと)の代用としたもの。将士の用いるものは木製漆塗り。後世のはそり笠で、武士が外出その他に用いた。練革(ねりかわ)などで作り、漆塗りで、裏に黒、朱、銀、金の色を塗る。表には定紋をつけ、蒔絵(まきえ)、青貝などで飾ったものもある。
※浮世草子・新可笑記(1688)二「六十有余と見えてかしらは雪をみだし、陳笠(ヂンガサ)の浅きをかぶり」
※雑俳・柳多留‐九二(1827)「四五平の役陣笠に出来ぬなり」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉宗教家「大将株でゐられる宗教界を棄てて政治界の陣笠となったって」
③ 紋所の名。陣笠をかたどったもの。丸に足軽笠・三つ寄せ笠などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陣笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陣笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.