Rakuten infoseek

辞書

【いん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


いん
元来,垣などで囲まれた家屋,特に内裏の朝堂院,倉庫の正倉院,興福寺の大乗院,藤原氏一族の大学別曹勧学院のように宮殿,役所,寺,学校などの家屋をさした。しかし古代の倉庫に与えられた院号が地名に転化した鹿児島県の伊集院,入来 (いりき) 院の例もある。また平安時代には,皇后,中宮,女御,皇女などの尊称として大内裏の門の名前から取った女院号が用いられた。たとえば上東門院藤原彰子,建礼門院平徳子などがそれである。院政の時代になると上皇法皇の居住場所にも使われ,転じて上皇,法皇をもさすようになった。白河院,後白河院などで,一時に2人以上の上皇が存在した場合は,第1の上皇を一院または本院,次を中院,新しい上皇を新院といって区別した。院号の起源は,嵯峨天皇が譲位して嵯峨院に遷居したことに始る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん〔ヰン〕【院】
[名]
大学院」の略。「卒」
上皇法皇女院(にょいん)の御所。転じて、上皇・法皇・女院の尊称。「の御所」
貴人の邸宅や別荘。
「その―の桜ことにおもしろし」〈伊勢・八二〉
[接尾]名詞に付く。
寺の名に添える。「回向」「寂光
国家機関や公共施設・団体などの名に添える。「国土地理」「少年
上皇・法皇・女院の諡号(しごう)などに添える。「後白河」「建礼門
戒名に添える。中世近世では、将軍など身分のある人の戒名に限られた。「安国(=徳川家康)」「台徳(=徳川秀忠)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん【院】[漢字項目]
[音]イン(ヰン)(慣)
学習漢字]3年
役所・学校など、公共性のある施設・機関。「院長院内医院開院学院議院貴族院寺院修道院上院僧院登院病院衆議院大学院養老院
上皇や法皇などの御所。また、上皇・法皇・女院(にょいん)の尊称。「院号院政院宣院中新院門院
病院。「産院退院通院入院
「大学院」「日本美術院」の略。「院生院展
[補説]原義は、垣を巡らした大きな屋敷・建物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いん【院】
太上天皇(上皇)の別称。元来一区画をなす建物をいい,とくに朝堂院,穀倉院,勧学院などのように,宮殿,官舎,倉庫,学校,寺院などの名称につけられたが,平安時代中ごろから単に〈院〉といえば上皇の御所をさす用語となり,転じて上皇の別称ともなった。上皇が複数のときは,退位の先後により本院(一院),中院,新院などと区別した。また倉院の名称がその所在地の地名となり,さらに人名化した例が九州南部地方に多く見られる(伊集院,入来院など)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いん【院】
( 名 )
〔周囲を高い垣で囲まれた大きな建築物の意〕
上皇・法皇・女院の御所。 「 -に参る」
上皇・法皇・女院のこと。 「 -の仰せ」
( 接尾 )
官庁などの国家機関や学校・病院など公共の建物の名に付ける。 「人事-」 「施薬せやく-」
寺またはその中の一つの建物、付属する塔頭たつちゆうなどの名に付ける。 「三千-」
上皇・法皇・女院などの諡号しごうに付ける。 「後白河-」 「後鳥羽-」
〘仏〙 中世以降、大名など身分ある死者の戒名に付ける。院号。近代では庶民も付けるようになった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


いん
上皇の居所の称。転じて上皇をさす呼称となった。家屋に巡らした垣の意味から、一区画をなす建物を意味し、たとえば豊楽(ぶらく)院、正倉院などのように、宮殿、倉庫、学校、寺院などの名称につけられたが、平安時代中ごろから、ただ「院」といえば上皇の居所をいい、さらに上皇の称ともなった。「院のうへ」「院御方」「院のみかど」など類似の呼称もある。上皇が同時に2人以上在世した場合には、退位の前後によって、一院(または本院)、中院、新院とよんで区別し、また上皇を神仙になぞらえて仙院ともいった。なお、倉院の名称がその所在地の地名となり、さらに人名に転じたものもある。伊集院(いじゅういん)、入来院(いりきいん)など九州地方に多くみられる。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん ヰン【院】
[1]
① 周囲に垣や塀をめぐらした大きな構えの家。
(イ) 寺の建物。
※出雲風土記(733)意宇「新造の院(いん)一所、山代の郷の中に在り」 〔喩鳧‐遊北山寺詩〕
(ロ) 神社の建物。
※止由気宮儀式帳(804)「等由気太神宮院事今称度会宮。在度会郡沼木郷山田原村。合陸院」
(ハ) 高貴な人の邸宅や別荘。
※令集解(738)戸「古記云。〈略〉謂国司巡部内。郡司待当郡院
※源氏(1001‐14頃)夕顔「かのありし院にこの鳥のなきしを」
(ニ) 上皇、法皇、女院の御所。
※大和(947‐957頃)七二「うせ給ひて後、かの院を見るにいとあはれなり」
(ホ) 学校や役所など、大きな建築物で、人の多く集まる所。また、その名称の下につける。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「かくて、勧学院のにしざうしに、〈略〉院のうちわらひさわぎて」
② 上皇、法皇の尊称。上皇、法皇が同時に二人以上のときは、第一の上皇を一院または本院、次を中院、譲位したばかりの上皇を新院と称した。
※大和(947‐957頃)三三「躬恒が院によみてたてまつりける」
③ 女院のこと。天皇の后妃や皇女のうち、院号定をうけた者。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘六年正月三日「歌などのをかしからむは、わが院よりほかに誰か見しり給ふ人のあらむ。世にをかしき人の生ひいでば、わが院こそ御覧じ知るべけれ」
④ 大寺の境内にあって、その支配下に属する寺で、その大寺の寺務をつかさどる僧侶たちの居住する場所。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「堂を光堂と号し、院を光明院と号す」
⑤ (古代の地方の田租を納めておくための倉院から転じて) 中世、荘園制下に、郡、郷、庄などとともに成立した一種の私領地。特に、日向、大隅、薩摩地方に多い。「伊集(いじゅう)院」「入来(いりき)院」「山門(やまと)院」など。
⑥ 弓術で、的の黒い輪。外部の黒い部分を外院、中の黒い部分を中院、内部の黒い部分を内院という。その的中した場所によって、射手の祿がきめられた。〔続日本紀‐慶雲三年(706)正月壬辰〕〔唐六典‐巻五〕
[2] 〘接尾〙
① 天皇、上皇、法皇、女院の諡号(しごう)に付ける語。
※皇年代略記‐堀河院「嘉承二年〈略〉七月十九日〈略〉崩於堀川院。〈略〉同廿四日、追号堀河院
② 中世以降、将軍など身分のある者の戒名に付ける語。近代以後は庶民にも普及した。
※徳川実紀‐慶長一〇年(1605)四月「台徳院殿御諱は秀忠」
③ 多く国家の施設、機関の名に付ける語。「人事院」「衆議院」「参議院」「学士院」「日本芸術院」など。また、習慣的に「大学院」「美容院」「養老院」など、さまざまに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

院の関連情報

他サービスで検索

「院」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.