Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

院庁下文【いんのちょうくだしぶみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ
院政のために上皇政務機関である院庁から出された文書。形式は院司連署の下文で,平安時代末期には国法上,綸旨 (りんじ) ,官符などと同等の効力があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】
院庁から管下の機関に下す下文様の文書。院宣天皇太政官の政務や知行国主,受領国務に口入する文書であり,直接の政務文書として用いられたのに対し,庁下文は院領,院御願寺領,女院領および院分国の支配のために発信される。初行上段に差出書,下段に宛所を書く。女院庁下文の差出書は〈八条院庁下〉のように女院名を表示するが,院の場合は単に〈院庁下〉と表すだけで院名を明示しない。宛所は,荘園ならば〈神崎御庄下司等〉,分国ならば〈播磨国在庁官人等〉のように荘官や在庁官人等の地下人(じげにん)となるのが普通である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ
院庁から出された公文書
院宣 (いんぜん) よりも公的性格が強いが,官符などとあわさることで効力をもった。院政期ではほとんどが院の所領に関するもの。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ

下文

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院庁下文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

院庁下文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.