Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

院の庁【インノチョウ】

デジタル大辞泉

いん‐の‐ちょう〔ヰン‐チヤウ〕【院の庁】
女院御所の事務をつかさどっていた役所別当判官代蔵人(くろうど)その他の院司が属した。院庁(いんちょう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん【院】 の 庁(ちょう)
① 上皇が政務を執る所。また、その組織。上皇を首長とし、院司によって構成される。承和二年(八三五)嵯峨上皇の時に院司が置かれたのが最初。院政期に至って次第に整備され、別当、判官代、主典代のほか、執事別当、年預、蔵人、非蔵人、北面武士なども置かれるようになった。いんちょう。
② 女院の事務をつかさどる所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院の庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

院の庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.