Rakuten infoseek

辞書

陝西【センセイ】

デジタル大辞泉

せんせい【陝西】
中国中部の省都西安戦国時代の地。東は黄河に接し、北には万里の長城、南には秦嶺山脈があり、西には黄土高原渭水(いすい)盆地では小・綿の栽培が盛ん。北部には中国革命の中心地、延安がある。関中。シァンシー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんせい【陝西】
中国、黄河中流の大湾曲部の内側の黄土高原を占める省。南部の渭水盆地は古代文明の発祥地で長く漢民族活動の中心地。省都、西安。別名、陝。シャンシー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんせい【陝西】
中国中北部の省。渭水流域を中心に北の黄土高原、南の漢水上流域からなる。省都西安。周以来に至るまでの約一千年間国都が置かれ、漢民族の活動の中心地として栄えた。綿花・麦などの農牧業地で、地下資源も豊富。宝鶏・咸陽・銅川などの都市がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

陝西
せんせい
Shǎnxī
中国中北部の省
首都は西安。古く関中・関内と呼ばれた。山地は多いが,関中盆地は古くから肥沃で,戦国時代から唐までは長安(現在の西安)がたびたび首都となって栄えた。五代・宋以後は,異民族の侵入やまた南方発展のために衰退した。明末の李自成の乱,現代では毛沢東の延安政権の拠点となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陝西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陝西の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.