Rakuten infoseek

辞書

【コウ】

デジタル大辞泉

こう【降】[漢字項目]
[音]コウ(カウ)(漢) ゴウ(ガウ)(呉) [訓]おりる おろす ふる くだす くだる
学習漢字]6年
〈コウ〉
高い所からおりる。くだる。「降下降壇下降滑降昇降乗降沈降
空からふる。「降雨降雪
位などをさげる。「降格降給
負けて従う。「降参降伏投降
その時からあと。「以降
〈ゴウ〉仏教で、悪魔を負かして従える。「降伏(ごうぶく)降魔
[難読]天降(あも)る

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう カウ【降】
〘名〙 降参すること。敵に屈伏すること。降服。多く「降を乞う」の形で用いられる。
※三代実録‐元慶二年(878)一〇月一三日「得今月日奏状、具知賊虜乞降之由
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「一日の命をたべとぞ降(カウ)は乞ふ」 〔後漢書‐光武紀上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐・す カウ‥【降】
〘自サ変〙 降参する。降伏する。
※今昔(1120頃か)二五「其後、幾(いくばく)を不経して貞任が伯父安陪為元・貞任が弟家任、降して出来る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふら・す【降】
〘他サ五(四)〙 降るようにする。降らせる。くだす。
※大日経義釈延久承保点(1074)七「雨を六天に降(フラス)がごとし」
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)鐘入「うろこへんじてこんじきの花をふらして其姿、こくうにまたがり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふり【降】
〘名〙 (動詞「ふる(降)」の連用形の名詞化) 雨や雪などの降ること。また、その降り方や程度。
※歌舞伎・島鵆月白浪(1881)三幕「俄のおふりでお困りなさいませう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ・る【降】
〘自ラ五(四)〙
① 雨・雪などが空から落ちてくる。また、高いところから細かいものなどがたくさん落ちてくる。そそぐ。
※万葉(8C後)一九・四二八八「川渚にも雪は布礼(フレ)れし宮の裏に千鳥鳴くらし居む処無み」
② 霜や露が地表に生ずる。おりる。
※日葡辞書(1603‐04)「シモガ furu(フル)
③ 多く集まり寄ってくる。
※雑俳・秋の月(1743)「若い時文がふったとじまんばば」
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉長崎遊学「禍は却て私の身に降(フッ)て来て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふろ【降】
〘自動〙 動詞「ふる(降)」の連体形にあたる、上代東国方言。
※万葉(8C後)一四・三四二三「上毛野伊香保の嶺(ね)ろに布路(フロ)(よき)のゆきすぎかてぬ妹が家のあたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

降の関連情報

他サービスで検索

「降」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.