Rakuten infoseek

辞書

降圧剤【こうあつざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

降圧剤
こうあつざい
hypotensive agents
降下剤ともいう。病的な高血圧を下降させ,血管の破裂その他の危険を回避する目的で使われる薬剤。血圧が一時的に異常上昇したときには注射するが,それ以外は内用することが望ましく,本態性高血圧症の場合は規則的に服用して血圧の安定をはかる。血圧は個人差が大きいから,過低状態がかえって2次的な障害を生む場合もあることを考慮して使用する必要がある。降圧剤としては,血管の筋肉に直接作用する血管拡張剤,細胞内へのカルシウムの流入を抑制して末梢血管を拡張させるカルシウム拮抗剤,昇圧物質アンジオテンシンの生成を抑えるアンジオテンシン変換酵素 ACE阻害剤,そしてβ遮断剤を代表とする交感神経末梢遮断剤,腎臓に作用してナトリウムイオンの再吸収を抑制する利尿剤などのほか,ストレスを緩和して血圧の変動 (過高) を間接的に調整するトランキライザ類も利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうあつ‐ざい〔カウアツ‐〕【降圧剤】
血圧を下げる薬。降圧薬血圧降下剤抗高血圧剤

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

降圧剤

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうあつざい【降圧剤】
血圧を下げる薬。高血圧症の治療に用いる。降圧薬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

降圧剤
こうあつざい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうあつ‐ざい カウアツ‥【降圧剤】
〘名〙 主に血管を拡張させることによって病的な高血圧を降下させるのに用いる血圧降下剤。〔薬の効用(1964)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

降圧剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

降圧剤の関連情報

他サービスで検索

「降圧剤」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.