Rakuten infoseek

辞書

附子【ぶす】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

附子
ぶす
狂言の曲名太郎冠者狂言。主人は太郎冠者 (シテ) ・次郎冠者留守を言いつけ,子という毒薬の入ったに手を触れないようにと言いおく。附子が見たくなった太郎冠者は,次郎冠者と二人でそっと桶に近づいてふたを取るが,見ればうまそうなので一口食い,附子が砂糖と知る。砂糖を平らげてしまった二人は,その言いわけに主人秘蔵の掛軸を破り,台天目茶碗をこわす。主人が帰宅すると二人そろって泣きだし,留守中に居眠りしないようにと相撲をとるうちに,大切な品々をこわしてしまったため,死んでおわびしようと附子を食ってみたが,まだ死なないとうそぶく。『沙石集』の説話を脚色した狂言

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶす【附子】[狂言]
狂言。主人が太郎冠者(かじゃ)次郎冠者附子というの見張りを命じて外出する。二人はそれが実は砂糖だと知ってなめ尽くしてしまい、わざと主人の大事な物を壊して、附子をなめたが死ねなかったと言いわけする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶす【附子】
狂言の曲名。太郎冠者狂言。大蔵,和泉両流にある。用足しに出かける主人が,太郎冠者と次郎冠者を呼び出し留守番を言いつける。主人は桶を指し示し,この中には附子という猛毒があるから注意せよと言いおく。主人が出かけたあと,2人がこわいもの見たさに桶のふたを取ってみると,中に入っていたのは砂糖なので,2人は食い平らげてしまう。そして,その言いわけのため,主人秘蔵の掛軸を破り,台天目茶碗を打ち割る。やがて主人が帰宅すると,2人そろって泣き出し,留守中に居眠りなどせぬように相撲をとるうちに,たいせつな品々をこわしてしまったので,死んでお詫びをしようと猛毒の附子を食ってみたが,まだ死なないと報告するので,怒った主人は2人を追い立てる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふし【附子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶし【附子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶす【附子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶす【附子】
狂言の一。外出する主人に毒薬附子の番を命じられた太郎冠者・次郎冠者は、それを砂糖と見破ってなめてしまう。そのあとで主人の大切にしている掛物を破ったりして、主人が帰宅するや、貴重なものを損じたから死のうと思って毒を食べたと言い訳する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

附子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

附子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.