Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

陀羅尼【だらに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陀羅尼
だらに
サンスクリット語 dhāraṇīの音写。総持訳されたように,本来は保持するという味。原始仏教教団では,呪術は禁じられていたが,大乗仏教では経典のなかにも取入れられた。『孔雀明王経』『護諸童子陀羅尼経』などは呪文だけによる経典である。これらの文は真言 mantraといわれ,真言としての陀羅尼は密教で特に重要視され,陀羅尼といえば呪文を意味するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だらに【×陀羅尼】
《〈梵〉dhāraṇīの音写。総持・能持と訳す》梵文(ぼんぶん)を翻訳しないままで唱えるもので、不思議な力をもつものと信じられる比較的長文の呪文。陀羅尼呪。呪。→真言(しんごん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だらり【×陀羅尼】
《「だらに」の音変化》陀羅尼鐘(だらにがね)のこと。特に、京都建仁寺東鐘楼の百八陀羅尼鐘をいう。
「どんどんぐりのづしを出づれば建仁寺、―が鳴るぞ、だらつくまいぞ」〈浄・女腹切

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だらに【陀羅尼】
サンスクリットのダーラニーdhāraṇīの音写で,〈総持〉〈能持〉〈能遮(しや)〉と訳す。総持,能持はいっさいの言語説法を記憶して忘れない意味であり,能遮はすべての雑念をはらって無念無想になることである。陀羅尼を繰り返し繰り返しとなえれば雑念がなくなって禅定に入り,その結果はいっさいの言語説法を記憶することができる。これを聞持(もんじ)陀羅尼ともいうが,そのためには声に出さずにとなえるのがよいので入音声(にゆうおんじよう)陀羅尼ともいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陀羅尼
だらに

能(よ)く総(すべ)ての物事を摂取して保持し、忘失させない念慧(ねんえ)の力をいう。サンスクリット語ダーラニーdhāraīの音写。「保持すること」「保持するもの」の意。陀憐尼(だりんに)、陀隣尼(だりんに)とも書き、総持、能持(のうじ)、能遮(のうしゃ)と意訳する。一種の記憶術であり、一つの事柄を記憶することによってあらゆる事柄を連想して忘れぬようにすることをいい、それは種々な善法を能く持つから能持、種々な悪法を能く遮するから能遮と称する。普通には長句のものを陀羅尼、数句からなる短いものを真言(しんごん)、一字二字などのものを種子(しゅじ)という場合が多い。『大智度論(だいちどろん)』巻五には、聞持(もんじ)陀羅尼(耳に聞いたことすべてを忘れない)・分別知(ふんべつち)陀羅尼(あらゆるものを正しく分別する)・入音声(にゅうおんじょう)陀羅尼(あらゆる音声によっても左右されることがない)の3種陀羅尼を説き、略説すれば五百陀羅尼門、広説すれば無量の陀羅尼門があるとする。また、『瑜伽師地論(ゆがしじろん)』巻45には、法陀羅尼・義陀羅尼・呪(じゅ)陀羅尼・能得菩薩忍(のうとくぼさつにん)陀羅尼(忍)の4種陀羅尼があげられており、『大乗義章』巻11にはこの四陀羅尼について詳説されている。また、不空(ふくう)訳の『総釈陀羅尼義讃(そうしゃくだらにぎさん)』には4種の持としての陀羅尼が説かれ、法持(ほうじ)・義持(ぎじ)・三摩地持(さんまじじ)・文持(もんじ)の別が説かれている。

 呪を陀羅尼と名づけるところから、呪を集めたものを陀羅尼蔵、明呪蔵(みょうじゅぞう)、秘蔵(ひぞう)などといい、経蔵、律蔵、論蔵、般若(はんにゃ)蔵とともに五蔵の一つとする。諸尊や修法に応じて陀羅尼が誦持(じゅじ)される。密教では、祖師の供養(くよう)や亡者の冥福(めいふく)を祈るために尊勝(そんしょう)陀羅尼を誦持するが、その法会(ほうえ)を陀羅尼会(だらにえ)という。

[小野塚幾澄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だらに【陀羅尼】
〘名〙 (dhāraṇī の音訳。総持または能持と訳す。よく種々の善法を固くたもつこと、また種々のさわりをさえぎることの意) 仏語。すべてのことを心に記憶して忘れない力、それを得る技法、または修行者を守護する力のある章句。特に密教で、一般に長文の梵語を訳さないで、原語のまま音写されたものをいう。陀羅尼経。陀羅尼呪(じゅ)。秘密呪。呪。だらり。〔法華義疏(7C前)〕
※霊異記(810‐824)下「頂に陀羅尼を載せ、経を負へる意は、俗難に遭は不(じ)となり」
[語誌](1)術としての「陀羅尼」の形式が呪文を唱えることに似ているところから、呪文としての「真言」そのものと混同されるようになった。区別する際には、長文のものを「陀羅尼」、数句からなるものを「真言」、一字二字のものを「種字」とするのが一般的。
(2)日本における「陀羅尼」は、形式的に見ると、原語の句を訳さずに漢字の音を写したまま読誦するが、中国を経たために発音が相当に変化し、また意味自体も不明なものが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だらり【陀羅尼】
[1] (「だらに(陀羅尼)」の変化した語) =だらに(陀羅尼)
※俳諧・阿波手集(1664)春「寺に咲藤の花もやまんたらり〈一仙〉」
※浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)上「建仁寺のだらりにふけ行夜半をうらみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陀羅尼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陀羅尼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.