Rakuten infoseek

辞書

阿闍梨【あじゃり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿闍梨
あじゃり
サンスクリット語 ācārya音写。師匠の意。文字どおりの意味は,伝統的な正しい態度,習慣や,確定された規定などを知り,保ち,実行する人の意。師を意味するほかの言葉グル guruに比して非常に古く,『アタルバ・ベーダ』にすでにみえる。上級カーストの少年になされる入門式,およびその教育の期間に指導教育するバラモンが,こう呼ばれた。仏教においても同様で,精神的な指導をする侶をさし,特殊な場合は戒を授ける師をさす。日本では僧職の一つに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あざり【××梨】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あじゃり【××梨】
《〈梵〉ācāryaの音写「阿闍梨耶(あじゃりや)」の略。教授・軌範・正行などと訳す》
弟子たちの模範となる高僧敬称。あざり。
密教で、修行を完了し、伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受けた僧。また、伝法灌頂職位を受けた、天台宗真言宗の僧。あざり。
勅旨によって修せられる法会を執行する僧。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あじゃり【阿闍梨】
サンスクリットācāryaの音写。阿舎梨,阿闍梨耶とも書く。一般には師,師匠の意。バラモンでは弟子にベーダ等の儀則を教示する人を指した。小乗仏教では弟子の行為を正し,師範として教授する徳の高い僧を指す。規範師と訳す。四分律では出家,受戒,教授,受経,依止の5種の阿闍梨があるとする。大乗円頓戒では文殊を羯磨阿闍梨,弥勒を教授阿闍梨と称する。密教では大日如来や諸仏菩薩を指す場合もあるが,狭義には灌頂(かんぢよう)の導師および伝法灌頂を受けたものを阿闍梨という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あざり【阿闍梨】
あじゃり(阿闍梨)」に同じ。 「願なども立てさせむとて-ものせよと言ひやりつるは/源氏 夕顔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あじゃり【阿闍梨】
ācārya の音写。軌範師・教授・正行などと訳す。「あざり」とも〕
〘仏〙
密教で、修行が一定の段階に達し、灌頂かんじようを受けた僧。
日本で、真言・天台両宗の僧に与えられた職位。
修法を執り行う僧。 「修法始めむと仕れば、-にまうでくる人もさぶらはぬを/大鏡 道隆
密教系の僧に対する敬称の一種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿闍梨
あじゃり
サンスクリット語アーチャーリヤcryaの音訳。軌範師(きはんし)と漢訳する。先生の意であるが、仏教では弟子を教え範となる師、高僧をいう。バラモン教ではベーダなどの儀式の教授者を意味した。『四分律(しぶんりつ)』によると、インド仏教では師匠に2種の別があり、授戒師を和尚(おしょう)といい、教授師を阿闍梨とよんだ。安居(あんご)を5回以上行った戒律に詳しい僧がなり、出家、受戒、教授、受経、依止(えし)の種別がある。後世の密教では伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受けた僧をさす。日本では真言宗、天台宗の僧の職名。[小川 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あざり【阿闍梨】
〘名〙 仏語。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「悟いと深く、験(しるし)あり。院奏せさせ給て、真言院のあざりになされぬ」
※枕(10C終)一二三「七月の修法のあざり、日中の時(じ)などおこなふ」
※狭衣物語(1069‐77頃か)一「仁和寺の何がしのあざりの車にて、母上の、太秦(うずまさ)に参りて帰らせ給ふなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あじゃり【阿闍梨】
〘名〙 (ācārya の音訳。弟子を教授し、その軌範となる師の意) 仏語。小乗の律ではこれに出家、受戒、教授、受経、依止(えじ)などの別を数え、また大乗では羯摩(かつま・こんま)、教授の二つをたてる。また密教では、学法灌頂と伝法灌頂の二つをたてる。あざり。
(イ) 密教で秘法に通じ、伝法灌頂(でんぼうかんじょう)(=秘法を伝授する儀式)を受けた者をいう。後に伝法灌頂を受けた僧に宣旨によって与えられる称号。
※三代実録‐元慶八年(884)三月「詣少僧都真紹阿闍梨位灌頂
(ロ) 比叡山など七高山、およびその他に祈祷の勅命を受けた僧。
(ハ) 一身を限って補せられた貴種の名徳の僧。一身阿闍梨
② 平安時代、勅旨を奉じて修せられる法会を、已講(いこう)、内供(ないぐ)とともにとり行なう僧。転じて、修法(ずほう)(=加持祈祷)の導師を勤める僧。
大鏡(12C前)四「阿闍梨にまうでくる人も候はぬを」
③ 一般に弟子を教え、その師範となる高徳の僧の尊称。
※説経節・あいごの若(山本九兵衛板)(1661)四「是よりひゑいざんさいとう北だに、そののあしゃりと申せしは」
[補注]一般に梵語アーチャーリャの音写とされるが、中央アジアのトカラ語での語形アーシャリ・アシャリの音写とする見方もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿闍梨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿闍梨の関連情報

関連キーワード

アーリア人聖人尊者日光菩薩瑠璃精進マユーラアーリア人・アーリヤ人

他サービスで検索

「阿闍梨」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.