Rakuten infoseek

辞書

阿部 浩【アベ ヒロシ】

20世紀日本人名事典

阿部 浩
アベ ヒロシ

明治・大正期の官僚,実業家 衆院議員;貴院議員;東京府知事。



生年
嘉永5年1月3日(1852年)

没年
大正11(1922)年10月7日

出生地
陸奥国盛岡(岩手県)

学歴〔年〕
慶応義塾

経歴
南部藩士の長男として生まれる。藩校の作人館で原敬(のち首相)とを並べ、終生の友となる。明治15年工部省権少書記、18年鉄道事務官などを経て、26年内務省社寺局長に転じる。以後、群馬、千葉、富山、新潟各知事を歴任。この間、25年衆院議員に当選、2期務めた。39年貴院議員に勅選。41年〜大正1年、8〜10年東京府知事を務めた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新訂 政治家人名事典 明治~昭和

阿部 浩
アベ ヒロシ

肩書
衆院議員,貴院議員,東京府知事

生年月日
嘉永5年1月3日(1852年)

出生地
陸奥国盛岡(岩手県)

学歴
慶応義塾

経歴
南部藩士の長男として生まれる。藩校の作人館で原敬(のち首相)と机を並べ、終生の友となる。明治15年工部省権少書記、18年鉄道事務官などを経て、26年内務省社寺局長に転じる。以後、群馬、千葉、富山、新潟各知事を歴任。この間、25年衆院議員に当選、2期務めた。39年貴院議員に勅選。41年〜大正1年、8〜10年東京府知事を務めた。

没年月日
大正11年10月7日

家族
長男=阿部 金剛(洋画家)

出典:日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
(C) 2003 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿部 浩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿部 浩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.