Rakuten infoseek

辞書

阿部 信行【アベ ノブユキ】

20世紀日本人名事典

阿部 信行
アベ ノブユキ

明治〜昭和期の陸軍大将,政治家 首相;大政翼賛政治会総裁。



生年
明治8年11月24日(1875年)

没年
昭和28(1953)年9月7日

出生地
石川県金沢市

学歴〔年〕
陸士〔明治30年〕卒,陸大〔明治40年〕卒

経歴
明治31年砲兵少尉となりドイツ留学。オーストリア大使館付武官、参謀本部総務部長を経て大正15年陸軍省軍務局長。昭和4年陸軍次官、5年国務大臣を歴任し、宇垣陸相の病気中、陸相臨時代理。その後、第4師団長、7年台湾軍司令官、8年大将軍事参議官。11年2.26事件後、予備役。14年8月平沼騏一郎内閣総辞職の後をうけて首相就任。折から第二次大戦勃発、大戦不介入と日中戦争の早期解決を声明したが、政治力の乏しさから、政党からも軍部からも見放され、貿易省設置問題から閣内の対立を招き、15年1月5ケ月の短命で総辞職。同年11月特派大使として南京汪兆銘政権と日華基本条約に調印。17年翼賛政治体制協議会会長から大政翼賛政治会総裁に就任。同年勅選貴院議員。19年7月朝鮮総督を務めた。戦後、A級戦犯容疑者となったが除外された。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新訂 政治家人名事典 明治~昭和

阿部 信行
アベ ノブユキ

肩書
第36代首相,大政翼賛政治会総裁

生年月日
明治8年11月24日

出生地
石川県金沢市

学歴
陸士〔明治30年〕卒 陸大〔明治40年〕卒

経歴
明治31年砲兵少尉となりドイツ留学。オーストリア大使館付武官、参謀本部総務部長を経て大正15年陸軍省軍務局長。昭和4年陸軍次官、5年国務大臣を歴任し、宇垣陸相の病気中、陸相臨時代理。その後、第4師団長、7年台湾軍司令官、8年大将、軍事参議官。11年2.26事件後、予備役。14年8月平沼騏一郎内閣総辞職の後をうけて首相に就任。折から第二次大戦勃発、大戦不介入と日中戦争の早期解決を声明したが、政治力の乏しさから、政党からも軍部からも見放され、貿易省設置問題から閣内の対立を招き、15年1月5ケ月の短命で総辞職。同年11月特派大使として南京で汪兆銘政権と日華基本条約に調印。17年翼賛政治体制協議会会長から大政翼賛政治会総裁に就任。同年勅選貴院議員。19年7月朝鮮総督を務めた。戦後、A級戦犯容疑者となったが除外された。

没年月日
昭和28年9月7日

出典:日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
(C) 2003 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

阿部 信行 (あべ のぶゆき)
生年月日:1875年11月24日
明治時代-昭和時代の陸軍軍人;政治家。大将;首相
1953年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿部 信行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿部 信行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.