Rakuten infoseek

辞書

阿部正弘【あべまさひろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿部正弘
あべまさひろ
[生]文政2(1819).10.16. 江戸
[没]安政4(1857).6.17. 江戸
江戸時代末期の老中。伊勢守。正精 (まさきよ) の子。備後福山 10万石を継ぐ。天保 11 (1840) 年,寺社奉行となり治績をあげた。同 14年,25歳の若さで老中に昇進,水野忠邦の失脚後,老中首座となる。外国船の出没が激しくなると海防を厳重にすることを奨励したが,攘夷には批判的であった。ペリー来航のとき,諸大名に対策を諮問して国論の統一をはかるかたわら,幕府への支持を強化させようとし,また海外事情に明るい幕吏を選び登用して,新事態に即応できる態勢を整えようとした。彼のもとで,アメリカなど4ヵ国との間に和親条約が締結され,開国政策への大転換が実行された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あべ‐まさひろ【阿部正弘】
[1819~1857]江戸末期の老中備後(びんご)福山藩主。幕末開国のときの老中首座として和親条約締結

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阿部正弘 あべ-まさひろ
1819-1857 江戸時代後期の大名。
文政2年10月16日生まれ。阿部正精(まさきよ)の子。兄正寧(まさやす)の養子となり,天保(てんぽう)7年備後(びんご)(広島県)福山藩主阿部家7代となる。奏者番,寺社奉行をへて,弘化(こうか)2年老中首座にすすむ。ペリーの開国要求などの難局に,徳川斉昭(なりあき),島津斉彬(なりあきら)らと協調して対処。日米和親条約を締結し,海軍伝習所・洋学所などを設立した。安政4年6月17日(「続徳川実紀」では27日)死去。39歳。字(あざな)は叔道。号は裕軒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

阿部正弘
1819〜1857(文政2〜安政4)【老中】日米和親条約を締結。勝海舟を見出した、開明派の老中。 幕末の老中。備後福山藩主。22歳で寺社奉行、1843年25歳にして老中に抜擢。徳川斉昭や島津斉彬など有力大名と巧みに連携、困難な海防政策に対応した。ペリー来航に際しては、日米和親条約を締結、日本を開国へ導く。品川台場の構築・軍艦の発注、講武所・蕃所調所、長崎海軍伝習所などを設置し、洋式軍制改革を進めた。また、勝海舟ら多くの優秀な人材を登用した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あべまさひろ【阿部正弘】
1819‐57(文政2‐安政4)
幕末期の老中。福山藩主阿部正精の六男。字は叔道,号は裕軒。伊勢守を称する。1836年(天保7)藩主の兄正寧が隠居した後をうけ福山藩10万石を襲封した。その後,奏者番,寺社奉行を務め,43年に老中に就任し,45年首席老中となった。53年アメリカ使節ペリーの開国要求に対し,諸大名,幕臣に諮問して衆議制の端緒を開き,54年(安政1)日米和親条約(神奈川条約)を締結した。正弘は幕府と徳川斉昭,松平慶永,島津斉彬ら有力諸侯との協調路線をとり,従来の幕政の姿勢を転換した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あべまさひろ【阿部正弘】
1819~1857) 幕末の老中。備後びんご福山藩主。1854年、ペリーとの間に日米和親条約を結ぶなど、開国政策を推進。洋学所・海軍伝習所を創設。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿部正弘
あべまさひろ
(1819―1857)
幕末開国前後の幕府老中首席。阿部正精(まさきよ)の第6子として文政(ぶんせい)2年10月16日、江戸に生まれる。号裕軒。備後(びんご)(広島県)福山藩主で1843年(天保14)老中に就任。翌々年、天保(てんぽう)の改革に失敗した水野忠邦(ただくに)の後を受け、26歳の若さで老中首席となった。アヘン戦争の情報や相次ぐ外国船渡来で海防の急が叫ばれるなか、1853年(嘉永6)ペリーの開国要求に直面、正弘はこれを朝廷に奏聞(そうもん)し、大名、旗本はじめ一般にその対策を諮問するなど、幕政への言路洞開の途(みち)を開いた。翌1854年(安政1)日米、日英、日露の和親条約を余儀なく締結する一方、水戸(みと)藩主徳川斉昭(なりあき)の幕政への登用、島津斉彬(なりあきら)(薩摩(さつま))、松平慶永(よしなが)(越前(えちぜん))、山内豊信(やまうちとよしげ)(土佐)ら有力諸大名との協調を図り、また川路聖謨(かわじとしあきら)、永井尚志(なおゆき)(「なおむね」とも読む)、岩瀬忠震(ただなり)など有能な吏僚を身分の高下にかかわらず幕政の要路に抜擢(ばってき)し、朝廷、幕府、諸藩の合体と幕政の改革に努めた。海軍伝習所や講武所の設置による海軍育成と軍制改革、主要諸港への砲台築造や伊豆韮山(にらやま)反射炉の建設、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)の設立による海外事情の研究教育などがその代表的なものである。しかし、これらの協調と改革の路線は、旧来の幕府専断に固執する譜代(ふだい)名家大名群の反感も招き、摩擦回避の意もあって正弘は、1855年堀田正睦(ほったまさよし)(佐倉藩主)に老中首席の座を譲り、翌1856年、外国事務取扱も堀田に兼務させて第一線を退いた。開国の世界史的必然と幕府専断の祖法との矛盾に悩み抜いた正弘が死去したのはその8か月後の安政(あんせい)4年6月17日であった。[芝原拓自]
『渡辺修二郎著『阿部正弘事跡』(1910・私家版) ▽小森竜邦著『人間・阿部正弘とその政治』(1985・明石書店) ▽新人物往来社編『阿部正弘のすべて』(1997・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

阿部正弘 (あべまさひろ)
生年月日:1819年10月16日
江戸時代末期の大名
1857年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あべ‐まさひろ【阿部正弘】
幕末の老中。備後福山藩主。水野忠邦の失脚後、老中首座となる。鎖国を解いてペリーと和親条約を締結。洋学所、軍艦教授所を創設するなど進歩的政策をとった。文政二~安政四年(一八一九‐五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿部正弘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿部正弘の関連情報

関連キーワード

橋本宗吉おらが春シンガポール(国)ベートーベンアンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.